竹盛天雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹盛 天雄(たけもり てんゆう、1928年8月23日 - )は、日本近代文学の研究者。本名・天勇。早稲田大学名誉教授。

広島県生まれ。早稲田大学国文科卒、各地で高校教師をつとめたあと、早稲田大学教授を務め、名誉教授。

森鷗外の研究が主。1991年から『国文学 解釈と鑑賞』に「鷗外 その出発」を長期連載。

著書[編集]

  • 鷗外 その紋様 小沢書店 1984
  • 介山・直哉・龍之介 1910年代孤心と交響 明治書院 1988
  • 漱石文学の端緒 筑摩書房 1991
  • 明治文学の脈動 鷗外・漱石を中心に 国書刊行会 1999

編著[編集]

  • 夏目漱石必携 学燈社 1981
  • 夏目漱石必携 2 学燈社 1985
  • 森鷗外必携 学燈社 1990
  • 新・現代文学研究必携 学燈社 1993
  • 講座森鷗外 全3巻 平川祐弘,平岡敏夫共編、新曜社、1995-97
  • 學藝小品森鷗外/稲垣達郎 明治書院 1999

参考文献[編集]

  • 「竹盛天勇先生略年譜・著作目録」(『国文学研究』第127集、1999年3月)