竹沢うるま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

竹沢 うるま(たけざわ うるま、1977年11月21日 -)は、日本の写真家大阪府枚方市出身。

「うるま」とは沖縄の方言でサンゴに囲まれた島という意味。

経歴[編集]

同志社大学法学部法律学科卒業。在学中はダイビング部に所属し、訪れた沖縄の海を見て写真を始める。1年渡米して独学で写真を学び、卒業後はダイビング雑誌のスタッフとして水中写真を撮影。2005年独立。2010年 - 2012年に「1021日103カ国を巡る旅」を行い、その模様を写真集『Walkabout』、旅行記『The Songlines』として出版する[1]

2014年にはインド北部で撮影した作品『スピティ谷の女』で第三回日経ナショナルジオグラフィック写真賞受賞[2]。2015年に初の海外個展をニューヨークで開催する[3]など[4][5]、日本国内外で活動。

趣味[編集]

無類のカレー好き。自らを「幻のカレーを求めて世界を旅する写真家。」と、カレーに対する思いを公私共に熱く語っている。インド系、東南アジア系、ヨーロッパや北米、中南米、アフリカ、オセアニアなど、世界各国でカレーを堪能してきた。自身でスパイスを多用してカレー作りもする。

「写真家辞めて、カレー屋になろうかな」が口癖。

カレーリーフやパクチーなどフレッシュハーブをプランターで育てていたが、ある日撮影旅行から帰国するとすべて枯れていた。それほど自宅で過ごす日々がないが、2週間も日本にいると、またどこかへ行きたくなるという。

著書『旅情熱帯夜』実業之日本社 には、世界各国の料理写真も数多く掲載されている。

ハルとナツ[編集]

自宅に遊びにくる2匹の白猫の名前。(お隣の家で飼われている猫であり、本名は不明)インスタグラムhttps://www.instagram.com/uruma_takezawa/やFacebookhttps://www.facebook.com/uruma.takezawa?fref=tsに、たびたび登場する。

水色のリボンは「ハル」。青いリボンは「ナツ」。

作品[編集]

写真集[編集]

  • Tio’s Island (竹沢うるま 写真・池澤夏樹 物語 小学館 2010年)
  • Walkabout (小学館 2013年)
  • 今 (竹沢うるま 写真・谷川俊太郎 詩 小学館 2015年)
  • Buena Vista (創芸社 2015年)
  • Kor La (小学館 2016年)
  • 特別版 旅情熱帯夜〈00〉-Portugal- (アタシ社 2017年)

著書[編集]

  • The Songlines (小学館 2015年)
  • 旅情熱帯夜 (実業之日本社 2016年)

TV・ラジオ出演[編集]

  • 「The Photographers 2-心を揺さぶる光景を求めて-」 BS朝日
  • 「テレビ未来遺産 地球絶景ミステリー」 TBS
  • 「ニュースザップ」 スカパー!
  • 「めざせ!100%地球ギャラリーコレクターズ99」 朝日放送
  • 「岡田准一 Growing Reed」(2017年7月30日) - ゲスト
  • 「SELECTION TALK ABOUT PHOTOGRAPHY 〜竹沢うるま 旅情熱帯夜〜」 J-WAVE

脚注[編集]

外部リンク[編集]