竹村淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹村 淳(たけむら じゅん、1937年3月1日 - )は、音楽ジャーナリスト。

人物[編集]

1937年3月1日に、神戸市に生まれる。6歳のときより、京都に移住するが、7歳のとき、父が中国で戦死する。1961年3月に早稲田大学第一文学部文学科演劇専修を卒業する。広告代理店に就職し、コピーライトを担当するが、1973年に独立し、フリーランスコピーライターになる。

1976年より、ラテン音楽関係のジャーナリストとして活動を開始する。「スイングジャーナル」や「アドリブ」のジャズ専門誌で、フュージョン音楽の普及に努める。なお、本人は、評論家とされることを嫌う。ラテン音楽、フォルクローレタンゴボサノヴァのジャンルの曲およびアーティストについて、かなり精通し、全国のファンから尊敬されることとなる。

1981年からNHK-FM放送で、番組「ポップス・ステーション」を担当し、ラテン音楽、タンゴ、フォルクローレ・ボサノバなどの曲のレコードおよびライブ録音を取り上げる2時間番組を週一日実現する。分かりやすい曲やアーティストの説明が、人気を集める。1996年4月からの後継番組「ポップス・グラフィティ」でも、担当を引き継ぐ。2002年4月2日から2005年3月22日まで、NHK-FMの「ミュージックプラザ」の火曜日を担当する。

2005年4月から2007年3月まで、立教大学ラテンアメリカ研究所の講師を勤め、ラテンアメリカ論の講義を担当する。

著作[編集]

外部リンク[編集]