竹本洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

竹本 洋(たけもと ひろし、1944年9月11日 - )は、日本の経済学者、関西学院大学名誉教授。

富山県生まれ。1968年横浜市立大学商学部経済学科卒。1975年大阪市立大学大学院経済学研究科博士課程満期退学。学部では田中正司に、大学院では真実一男に師事[1]

大阪経済大学助教授、1985年に教授。1997年、関西学院大学経済学部教授。1995年、『経済学体系の創成 ジェイムズ・ステュアート研究』を刊行。翌1996年に、同書により、関西学院大学から博士(経済学) を取得[2]1999年には、同書の業績が評価され、日本学士院賞を受賞した[3]

著書[編集]

  • 『アイルランドの「反乱」と思想家たち アイルランド問題から環アイルランド海=環大西洋問題へ』一橋大学社会科学古典資料センター 1985
  • 『経済学体系の創成 ジェイムズ・ステュアート研究』名古屋大学出版会 1995
  • 『『国富論』を読む ヴィジョンと現実』名古屋大学出版会 2005

共編著[編集]

翻訳[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 熊谷次郎「服部正治・竹本洋編 回想 小林昇立教經濟學研究
  2. ^ 経済学体系の創成 - ジェイムズ・ステュアート研究 竹本洋”. 国立国会図書館. 2013年6月10日閲覧。
  3. ^ 恩賜賞・日本学士院賞・日本学士院エジンバラ公賞授賞一覧 第81回 (平成3年) ~ 第90回 (平成12年)”. 日本学士院. 2013年6月10日閲覧。

外部リンク[編集]