竹本泉のいろいろぶっく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

竹本泉のいろいろぶっく』は竹本泉による漫画作品を収録した単行本。本稿では前身的連載である「苺タイムス」などについても解説する。

概要[編集]

主に作者自身と、2人のキャラクターの掛け合いで構成される。内容はいずれのタイトルでも変わらず、作者がその時々にプレイしていたテレビゲームに関する話を中心にしつつ、アニメを見たり、テレホンカード蒐集にはまったり、大量のビデオの収納に頭を悩ませたりといった具合に、作者の近況を伝えるエッセイ的作品となっている。

前身の「苺タイムス」も含め、タイトルを変えながら10年以上に渡る長期連載となっている。

苺タイムス[編集]

この単行本では、『竹本泉のいろいろぶっく』収録作品の前身となる「苺タイムス」などを収録している。また「あとがき」に、近藤るるるによる寄稿が収録されている。

竹本泉のいろいろぶっく[編集]

この単行本では、ソフトバンククリエイティブゲーム雑誌で連載した4タイトルを合わせて収録している。

  • 竹本泉のいろいろのーとセガサターンマガジン1997年-1998年
    • 白黒半ページ。連載前に掲載された読み切り作品「ある日のなんか色々TVゲーム」も本書に収録。
  • (竹本泉の)いろいろですくドリームキャストマガジン1998年-2001年
    • 白黒1ページ。途中から「竹本泉の」の冠が外れる。誌名変更にあわせタイトル変更。
  • 色々ですくすくすドリマガ2001年-2004年
    • カラー1ページ。誌名変更にあわせタイトル変更。
  • いろいろきっさードリマガ2004年-2006年
    • カラー1ページ。作者曰く「マイナーアップデート」。掲載誌の月刊化にあわせタイトル変更。

未収録作品[編集]

  • なんかいろいろコードフリークAR 2012年-)
    • 白黒1ページ。下記の『ゲーマガ』の休刊により、掲載誌を変えた形でタイトル変更。

いろいろとかゲームとか[編集]

竹書房より刊行。上記2点に関連する未収録作品、制作に関わったゲームの宣伝漫画・付録漫画などを収録している。


登場人物[編集]

南みかん
ゲーム好きの女子中学生。活発で勝気な性格だが、作者や詩織の行動に対するツッコミ役に回ることが多い。なお本連載ではほぼ毎回その回で話題にしている作品、あるいは事象に関するコスプレをした立ち絵が描かれるが、彼女は大抵男役である。
本田詩織
みかんと同級生で、同じくゲーム好きの女子中学生。もっとも比較的大衆的な趣味のみかんに対し、ややマニアックな、少々ずれた女の子として描かれる。ボケ役に回ることが多い、「アンドー様」(アンドアジェネシス)の大ファン。
ふゅん奈
猫。大抵詩織に抱かれているが、飼い主などは不明。
竹本泉
作者。多くの作品で描かれる恐竜のような自画像で登場する。回によっては、上記のキャラクターは立ち絵のみしか描かれず、純然たるエッセイになることも。作中では大量のアニメビデオの片付け場所に困ったり、特典目当てに要りもしないゲームを買ってしまったり、ゲーム誌連載なのにゲームが出来ないことにジレンマを感じたり、萌えという概念に戸惑ってみたりする姿が描かれている。
高等部の女の子たち
みかん、詩織と同じ学園の高等部に通う2人の生徒。主に「苺タイムス」時代に、パソコン系の話題になると出て来る。本来は1993年から1994年にかけて『電撃王』に「電撃パソコン」のコーナーの扉として描かれた漫画のキャラクターで、名前はない。「いろいろ〜」シリーズの連載ではほとんど出番がないが、主に親指シフトキーボード(作者の愛用品でもある)が話題になると登場することも。ふゅん奈そっくりの猫を連れているが、こちらは「どら菜」。
昼顔つばめ
「いろいろのーと」で1回のみ登場する。本来は1996年から1997年にかけて『覇王マガジン』で連載された「ひよどりにっき」のキャラクター。

その他[編集]

  • 2000年8月に、「いろいろのーと」の全編と「いろいろですく」の大部分を収録した大型の単行本『竹本泉のいろいろのーと&いろいろですく』がコミックマーケットにて販売されている。