竹島資料室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 竹島資料室
施設情報
前身 島根県立博物館
専門分野 歴史東アジア地域、・近代
管理運営 島根県
開館 2007年平成19年)4月
所在地 690-8501 
日本の旗 日本 島根県松江市殿町1番地
島根県庁第3分庁舎(旧島根県立博物館)2階
位置 北緯35度28分16.1秒 東経133度3分5.3秒 / 北緯35.471139度 東経133.051472度 / 35.471139; 133.051472
公式サイト http://www.pref.shimane.lg.jp/soumu/web-takeshima/takeshima03/
プロジェクト:GLAM

竹島資料室(たけしましりょうしつ)は島根県松江市殿町に存在する博物館である。

沿革[編集]

島根県は、2005年から(平成17年)から「竹島問題研究会」を設置し、竹島問題について専門家による調査・研究を進めてきた。そして、県が所有する竹島関係の歴史的公文書やこの研究会の研究成果と収集資料を公開し、広く利用してもらうため、竹島問題についてより一層の啓発活動を行うため、2007年(平成19年)4月に竹島資料室を開設した。

展示[編集]

竹島に関する公文書、古文書、出版物、学術論文、写真、絵図、地図、ビデオテープ、DVD等。また、韓国側資料など。絵図については、一部デジタル化されている。[1]

主な展示物[編集]

  • 島根県へ編入した年に島根県知事が竹島視察をした明治38年の新聞記事
  • 竹島が描かれた絵葉書
  • 島根県内に7頭、世界でも14頭しか確認されていないニホンアシカの剥製
  • 李承晩ラインに警鐘をならす年賀はがき[2]
  • 書籍「平和條約の調印とこれからの日本」(1951年(昭和26年)9月25日発行)[3]
  • 日本漁船を拿捕した韓国軍艦や過酷な生活環境に置かれた抑留者の様子[4]

など

利用案内[編集]

平成24年10月より開室日を土日・祝日まで拡大

  • 開館日:月・水~日曜、祝日
  • 休館日:火曜、年末年始(12月29日~1月3日)
  • 開館時間: 9〜12時、13時〜17時
  • 入館料:無料

交通アクセス[編集]

関連事項[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]