竹内茂代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹内 茂代(たけうち しげよ、1881年8月31日 - 1975年12月15日)は、日本医師医学博士)、政治家

長野県南佐久郡原村(現川上村)で庄屋を世襲した家系で、元村長・元郡会議員井出喜重の長女として生まれた。1908年東京女医学校(現東京女子医科大学)を1期生として卒業。1916年竹内甲平と結婚し、1919年東京で井出医院を開業する傍ら、市川房枝らと社会運動に参加、婦人参政権運動の財務理事を務めた。1933年東京帝国大学医学博士。論文の題は「日本女子の體質に関する研究」[1]

1946年東京都第1区から第22回衆議院議員総選挙出馬し、女性として初めて当選、日本自由党に属し総務及び婦人部長を務めたが、1期限りで引退し、医業に専念。文部省嘱託、厚生省体力審議会専門委員、引揚援護院参与、結核予防東京婦人委員会副委員長、日本女医会副会長のほか大妻専門学校講師などを歴任した。

著作[編集]

  • 吉岡弥生先生と私
  • 一般家庭看護学及一般育児学
  • 八十路の歩み

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文書誌データベースによる

参考文献[編集]

  • 坂本令太郎『近代を築いたひとびと 5』1978年
  • 小林朋子『朝未き頃 時代を紡いだ信州の女性たち』信濃毎日新聞社、2006年