竹内端三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
竹内 端三
(たけのうち たんぞう)
生誕 1887年6月
東京
死没 (1945-08-07) 1945年8月7日(58歳没)[1]
研究分野 数学
研究機関 東京帝国大学
出身校 東京帝国大学
主な業績 基礎体が1の3乗根の虚二次体に対する「クロネッカーの青春の夢」を解決[2]
影響を
受けた人物
高木貞治
プロジェクト:人物伝

竹内 端三(たけのうち たんぞう、1887年明治20年)6月‐1945年昭和20年)8月7日[1])は日本の数学者。東京出身。理学博士。東京帝国大学教授。

略歴[編集]

著作[編集]

ほとんどの著作は横書き・旧字旧仮名・漢字片仮名混じり文である。1960年代以降に復刊された著作はほとんどが横書き・新字新仮名・漢字平仮名混じり文に改められた。ただし、竹内 & 恩地 (1928)およびその複製竹内 & 恩地 (1982)は入門書であるため縦書き・旧字旧仮名・漢字平仮名混じり文である。

論文[編集]

  • Takenouchi, T (1916年). “On the relatively Abelian corpus with respect to the corpus defined by a primitive cubic root of unity”. Journal of the College of Science, Imperial University of Tokyo (Tokyo Teikoku Daigaku) 37. 

単行本[編集]

  • 『高等微分学』 裳華房、1922年(大正11年)3月25日。NDLJP:960475
    • 『高等微分学』 裳華房、1925年(大正14年)2月11日。NDLJP:960476
    • 『高等微分学』 裳華房、1927年(昭和2年)9月25日、増訂11版。NDLJP:1134844
    • 『高等微分学』 裳華房、1932年(昭和7年)2月10日、増訂改版。
    • 『高等微分学』 裳華房、1946年(昭和21年)。
    • 『高等微分学』 裳華房、1948年(昭和23年)、訂 35版。
  • 『高等積分学』 裳華房、1923年(大正12年)9月15日。NDLJP:979077
    • 『高等積分学』 裳華房、1925年(大正14年)2月11日、修正第5版。NDLJP:979078
    • 『高等積分学』 裳華房、1949年(昭和24年)、訂34版。
  • 『極限論』 南郊社、1925年(大正14年)12月10日。NDLJP:1017997
  • 『整数論』 共立社〈輓近数学叢書 第1編〉、1925年(大正14年)12月17日。NDLJP:1018008
    • 『整数論』 共立出版、1946年(昭和21年)、改新版。
  • 『函数論』上巻、裳華房、1926年(大正15年)4月7日。NDLJP:1020018
  • 『函数論』下巻、裳華房、1926年(大正15年)6月5日。NDLJP:1020023
    • 『函數論』上卷、裳華房、1932年(昭和7年)2月、増訂改版。
    • 『函數論』下卷、裳華房、1932年(昭和7年)2月、増訂改版。
    • 函数論』上巻、裳華房、1966年(昭和41年)11月、新版。ISBN 978-4-7853-1022-6 - 新字新仮名・漢字平仮名混じり文。
    • 『函数論』下巻、裳華房、1967年(昭和42年)10月、新版。ISBN 978-4-7853-1023-3 - 新字新仮名・漢字平仮名混じり文。
    • 函数論』上巻、裳華房、2015年(平成27年)6月、新版。ISBN 978-4-7853-0625-0 - 竹内 (1966)オンデマンド版。裳華房 東京開業120周年記念復刊。
    • 函数論』下巻、裳華房、2015年(平成27年)6月、新版。ISBN 978-4-7853-0626-7 - 竹内 (1967a)のオンデマンド版。裳華房 東京開業120周年記念復刊。
  • 『面白い数学』 恩地孝四郎絵、アルス〈日本児童文庫 53〉、1928年(昭和3年)9月5日。NDLJP:1168142
    • 『面白い数学』 恩地孝四郎絵、名著普及会〈日本児童文庫 復刻版 53〉、1982年(昭和57年)8月。
  • 『積分方程式』續[第5]、共立社書店〈輓近高等數學講座〉、1930年(昭和5年)-1931(昭和6年)。
    • 『積分方程式』 共立社、1933年(昭和8年)3月。
    • 『積分方程式論』第19巻、共立社書店〈輓近高等数学講座〉、1934年(昭和9年)5月20日、新修版。 - 第1章から第7章までに竹内 (1930)の内容を収録。付録の問題解答に竹内 (1933b)の内容を収録。
    • 『積分方程式論』 共立出版、1947年(昭和22年)4月30日、4版。NDLJP:1078609
  • 『群論初歩』第11巻、共立社〈輓近高等数学講座〉、1931年(昭和6年)。
    • 『群論』第15巻、共立社書店〈輓近高等数学講座〉、1933年(昭和8年)10月18日、新修版。
    • 『群論』 共立出版、1933年(昭和8年)10月18日。
    • 『群論』 共立出版、1947年(昭和22年)4月30日、4版。NDLJP:1063306
  • 『函数論初歩』第12巻、共立社〈輓近高等数学講座〉、1931年(昭和6年)。
    • 『函数概論』第13巻、共立社書店〈輓近高等数学講座〉、1934年(昭和9年)1月25日、新修版。 - 第1章から第4章までに竹内 (1931b)の内容を収録。
    • 『函数概論』 共立出版、1946年(昭和21年)9月15日、4版。NDLJP:1063358
    • 『函数概論』 共立出版、1967年(昭和42年)6月20日、改訂版。 - 新字新仮名・漢字平仮名混じり文。
  • 『新修三角』 三省堂、1934年(昭和9年)8月12日。NDLJP:1112681
  • 「楕円函数論 1-4、代数函数論」『岩波講座数学』第4(解析学)、岩波書店編、岩波書店、1935年(昭和10年)。
  • 『女子算術教科書教授参考資料』 三省堂、1935年(昭和10年)12月7日、新訂。NDLJP:1024433
  • 『新修代数』 三省堂、1935年(昭和10年)8月9日、改訂版。NDLJP:1035757
  • 『新修算術』 三省堂、1935年(昭和10年)7月25日、改訂。NDLJP:1037100
  • 『新修幾何(平面幾何)教授参考書』 三省堂、1936年(昭和11年)8月10日、改訂。NDLJP:1033901
  • 『新修代数 教授参考書』 三省堂、1936年(昭和11年)5月15日、改訂版。NDLJP:1053235
  • 『数学の本質 講演集』 大塚数学会編、甲鳥書林、1944年(昭和19年)。

共著・編著・共編著[編集]

  • 中川銓吉、竹内端三 『新撰解析幾何学教科書 平面之部、立体之部』 富山房、1921年(大正10年)7月16日。NDLJP:960384
    • 中川銓吉、竹内端三 『新撰解析幾何学教科書』 富山房、1926年(大正15年)、再訂増補。NDLJP:960385
  • 佐藤正孝、竹内端三 『函数論』上・下巻、裳華房、1937年(昭和12年)、増訂改版。
  • 佐藤正孝、竹内端三 『函数論 問題解説』上・下巻、裳華房、1948年(昭和23年)。

脚注[編集]

参考文献[編集]

関係項目[編集]

外部リンク[編集]