竹内淳彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹内 淳彦(たけうち あつひこ、1935年3月20日 - 2015年6月19日[1])は、日本の経済地理学者、日本工業大学名誉教授

来歴[編集]

長野県東筑摩郡四賀村(現松本市)生まれ。1953年長野県松本深志高等学校卒業。1957年東京学芸大学学芸学部社会科卒業。1959年立正大学大学院修士課程修了。1976年「京浜地域における工作機械工業の地理学的研究」で文学博士(立正大学)。日本工業大学助教授、のちに教授2006年3月定年退任、名誉教授。2013年11月瑞宝中綬章叙勲。

著書[編集]

  • 『日本の機械工業』大明堂 1973
  • 『工業地域構造論』大明堂 1978
  • 『技術集団と産業地域社会 大都市の場合』大明堂 1983
  • 『技術革新と工業地域』大明堂 1988
  • 『工業地域の変動』大明堂 1996
  • 『ゆれ動く世界 思い出の会議と旅から』風都舎 2012
  • 『ひとすじの途』風都舎 2012

共編著[編集]

  • 『東京の地場産業』板倉勝高、井出策夫共著 大明堂 1970
  • 『日本経済地理読本』板倉勝高、井出策夫共著 東洋経済新報社 1972
  • 『大都市零細工業の構造 地域的産業集団の理論』板倉勝高、井出策夫共著 新評論 1973
  • 『経済地域の研究 京浜地域の工業と農業』井出策夫、沢田裕之共著 文化書房博文社 1977
  • 『長野県の地場産業』市川健夫と責任編集 信濃教育会出版部 1986
  • 『東アジアの工業と経済開発』北村嘉行共編 大明堂 1993
  • 『企業行動と環境変化』編 大明堂 1997
  • 『環境変化と工業地域』編著 原書房 2004
  • 『経済のグローバル化と産業地域』編著 原書房 2005
  • 『日本の工業 21世紀のものづくり』監修 岩崎書店 2006

脚注[編集]

  1. ^ 『日本工業大学工友会会報』 2015年 No.43

参考[編集]

関連項目[編集]