竹内整一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹内 整一(たけうち せいいち、1946年9月23日 - )は、日本の倫理学者。鎌倉女子大学教授、東京大学名誉教授、日本倫理学会元会長。専門は、倫理学・日本思想。

人物[編集]

長野県出身。日本人の精神の歴史をたどりなおしながら、それが現在に生きる日本人に、どのようにつながっているのかを探究している。NHK高校講座「倫理」講師、「サイエンス・ゼロ」コメンテーター、「日めくり万葉集」選者などを務める。日本倫理学会会長(第31期・第32期)。日本哲学系諸学会連合(JFPS)代表。日本学術会議哲学委員会「いのちと心を考える分科会」部会長。経歴によると、専修大学の教授を務めたのちに東京大学大学院・文学部へ移ったことになっているが、専修大学から完全に離れたわけではなく、専修大学および専修大学大学院の兼任講師(非常勤講師)をしながら東京大学大学院・文学部へ移っている。このことは鎌倉女子大学へ移ってからも、2017年度まで続いていた。

略歴[編集]

  • 1971年 3月  東京大学文学部倫理学科卒業
  • 1975年 9月  東京大学大学院人文科学研究科倫理学専攻博士課程中途退学
  • 1975年10月  東京大学文学部倫理学科助手
  • 1980年 4月  専修大学文学部人文学科助教授
  • 1986年 4月  専修大学文学部人文学科教授
  • 1998年 4月  東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授
  • 2010年 4月  鎌倉女子大学教育学部教授、東京大学客員教授
  • 2010年 6月  東京大学名誉教授
  • 2011年 4月-2015年 3月  日本倫理学会会長

単著[編集]

  • 『自己超越の思想-近代日本のニヒリズム』ぺりかん社、1988年
  • 『日本人は「やさしい」のか-日本精神史入門』ちくま新書、1997年
  • 『「おのずから」と「みずから」―日本思想の基層』春秋社、2004年(増補版、2010年)
  • 『「はかなさ」と日本人-無常の日本精神史』平凡社新書、2007年
  • 『〈かなしみ〉と日本人』NHK出版、2007年
  • 『日本人はなぜ「さようなら」と別れるのか』ちくま新書、2009年
  • 『「かなしみ」の哲学』NHKブックス、2009年
  • 『花びらは散る 花は散らない』角川選書、2011年
  • 『やまと言葉で哲学する 「おのずから」と「みずから」のあわいで』春秋社 2012
  • 『やまと言葉で〈日本〉を思想する』春秋社、2015 

編著・監修[編集]

外部リンク[編集]