竹久夢二美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 竹久夢二美術館
Takehisa Yumeji Museum
Takehisa-Yumeji-Museum.jpg
施設情報
専門分野 竹久夢二
収蔵作品数 3,300点
学芸員 石川桂子
開館 1990年11月
所在地 113-0032
東京都文京区弥生二丁目4番2号
位置 北緯35度42分53秒 東経139度45分49秒 / 北緯35.71473度 東経139.76349度 / 35.71473; 139.76349座標: 北緯35度42分53秒 東経139度45分49秒 / 北緯35.71473度 東経139.76349度 / 35.71473; 139.76349
外部リンク http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

竹久夢二美術館(たけひさゆめじびじゅつかん)は、東京都文京区弥生にある、竹久夢二作品を公開する私立美術館である。弁護士鹿野琢見が1990年11月に創設した[1]

概要[編集]

鹿野琢見が収集した竹久夢二作品および関連資料約3300点を所蔵し[2]、展示は1階および2階の2フロアで行われる。年4回の企画展を実施している[3]

同創設者による弥生美術館と隣接し、内部に連絡通路があり行き来ができる。入館券で竹久夢二美術館と弥生美術館の両方を観覧できる。

新発見作品の確認[編集]

竹久夢二の新たな絵画や手紙などが発見された場合、所属学芸員がその真贋や経緯の確認を行い、いち早く同館で公開することがある[4][5][6]

主な収蔵作品[編集]

日本画・水彩画[編集]

  • 松竹梅 (1921年頃)
  • この夜ごろ (昭和初期)
  • 夏姿 (1915年頃)
  • 夢香洲夏夕幻影 (1914年)
  • 置炬燵 (1921年)
  • 水竹居 (1933年)
  • 都をどり (大正前期)
  • 鴨東の夏 (1923年頃)
  • 稲荷山 (1921年頃)
  • 旅舎春宵 (1932年)
  • かげやとうろくじん (1912年)
  • みそさざい (1921年)

表紙・図案等原画[編集]

  • 『若草』 表紙1931年新年号
  • 千疋屋カット

その他[編集]

  • 鉛筆スケッチ・デッサン
  • 肉筆書簡
  • 版画・千代紙・封筒・絵はがき
  • 著作本
  • 装幀本
  • セノオ楽譜
  • 表紙デザイン雑誌

アクセス[編集]

  • 地下鉄千代田線根津駅より徒歩7分
  • 地下鉄南北線東大前駅より徒歩7分
  • JR東日本上野駅より徒歩20分

関連書籍[編集]

  • 石川桂子・谷口朋子編 『竹久夢二 大正モダン・デザインブック』 河出書房新社、2003年
  • 生田誠・石川桂子 『小林かいち 乙女デコ・京都モダンのデザイナー』 河出書房新社、2013年[7]
  • 竹久夢二美術館監修 『竹久夢二 大正ロマンの画家、知られざる素顔』 河出書房新社、2014年

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『竹久夢二美術館図録』2011年、pp8-9
  2. ^ 竹久夢二美術館 所蔵作品
  3. ^ 石川桂子・谷口朋子編『竹久夢二 大正モダン・デザインブック』 河出書房新社、2011年、p127
  4. ^ 「竹久夢二の作品を発見 ハワイ滞在中に描いた日本画」 朝日新聞、2014年4月4日、朝刊社会面
  5. ^ 「夢二が描いた欧州の少女」 朝日新聞、2014年9月17日、朝刊社会面
  6. ^ 「夢二の手紙、原稿20点見つかる 東京、葛原しげる孫宅から」 山陽新聞digital 2014年12月7日
  7. ^ 「小林かいち展」2013年10〜12月竹久夢二美術館企画展

関連項目[編集]

外部リンク[編集]