竹中重利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
竹中隆重から転送)
移動先: 案内検索
 
竹中重利
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄5年(1562年
死没 元和元年10月16日1615年12月6日
別名 重信、重義、隆重、重隆、通称:源助
戒名 春岩院殿逸峯玄俊大居士
墓所 大分県大分市荷揚町の浄安寺
官位 従五位下、伊豆
幕府 江戸幕府
主君 竹中重治豊臣秀吉秀頼徳川家康秀忠
豊後府内藩
氏族 竹中氏
父母 父:竹中重光または重広
兄弟 重利重定
正室:竹中重元の娘
重義重信

竹中 重利(たけなか しげとし)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将大名豊後荷揚城城主。府内藩初代藩主。は重信、重義、隆重、重隆とも。

略歴[編集]

重利が改修した府内城跡(廊下橋)

永禄5年(1562年)に生まれる。『寛政重修諸家譜』では父を竹中重光竹中重元の弟)とするが、諸系図では竹中重広(与右衛門、竹中重元の子)の子として重元の孫とする[1]羽柴秀吉の参謀竹中重治の従弟か甥にあたるが、正室は重治の妹で、同時に義弟にもあたるため、しばしば弟との表記もある。

竹中重治の知行地から美濃国長松城[2]3,000石を分けて貰っていたが、天正7年(1579年)、重治が死去したので、秀吉の直臣となった。

天正18年(1590年)、森忠政の家人と美濃恵那郡土岐郡を検地した。同年の小田原征伐には馬廻組頭として参陣した。

文禄3年(1594年)、豊後国国東郡高田で1万3,000石に加増されて大名となった。文禄・慶長の役では二度とも従軍。特に慶長の役では先手衆の軍目付6人の内の1人に選ばれた。この頃、従五位下伊豆守に叙任された。

慶長3年(1598年)の秀吉の死により遺物義光の刀を受領した。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、初め西軍に与して大坂久法寺町橋や近江瀬田橋を警備し、丹後田辺城攻めにも兵を派したが、後に黒田如水に誘われて東軍に転向して所領安堵された。

戦後に荷揚城(大分城)を与えられ、豊後府内2万石に加増転封される。城の大改修を行い現在の規模とし、港や城下町を整備し、現在の大分市の発展の基礎を築いた。

元和元年(1615年)10月16日、54歳で死去した。跡を長男の重義が継いだ。

茶を古田織部に学んだ弟子の一人。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし『野史』では遠江守重元の子とし、重元を重治の弟としている。
  2. ^ 岐阜県大垣市長松町にあった城。

参考文献[編集]

  • 高柳光寿; 松平年一 『戦国人名辞典』 吉川弘文館、1981年、147頁。