竹下しづの女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

竹下しづの女(たけした しづのじょ、1887年3月19日 - 1951年8月3日)は、日本俳人。本名は静廼(シズノ)。

福岡県京都郡稗田村(現:行橋市)出身。福岡女子師範学校(後の福岡教育大学)卒業後、6年間の教員生活を経て結婚し、2男3女を儲ける。育児の傍ら本格的に句作を始め、吉岡禅寺洞高浜虚子に師事。虚子が主催する「ホトトギス」の巻頭を飾るなど、中央の俳壇でも認められるようになり、杉田久女長谷川かな女とともに、大正期の女流黄金時代をつくった。

1928年「ホトトギス」同人。理知的な手法で、女性の自我や自立を詠った作品が多い。代表句として「短夜や乳ぜり泣く児を須可捨焉(すてつちまおか)」が知られる。1937年には学生俳句連盟の結成にあたり機関誌「成層圏」を創刊した後、参加した中村草田男とともに指導にあたり、香西照雄金子兜太ら後進を育てた。また、没年まで九大俳句会を指導している。

著作[編集]

  • 颯(はやて)(1940年・三省堂)

参考文献[編集]

  • 齋藤慎爾、坪内稔典、夏石番矢、榎本一郎編 『現代俳句ハンドブック』 雄山閣、1995年 ISBN 9784639013068