竹林はるか遠く-日本人少女ヨーコの戦争体験記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
竹の森遠くから転送)
移動先: 案内検索
竹林はるか遠く-日本人少女ヨーコの戦争体験記
So Far from the Bamboo Grove
著者 ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ
訳者 都竹恵子
発行日 アメリカ合衆国の旗1986年1987年1994年など
日本の旗2013年
韓国の旗2005年
発行元 アメリカ合衆国の旗William Morrow & Co., Puffin, HarperCollins, Perfection Learningなど
日本の旗ハート出版
韓国の旗문학동네
ジャンル 自伝戦争文学歴史小説
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国日本の旗 日本韓国の旗 韓国
言語 英語、日本語、韓国語
ページ数 183
次作 My Brother, My Sister, and I
コード ISBN 0-688-06110-9
ISBN 0-14-032385-6
ISBN 0-688-13115-8
ISBN 0-7807-4052-1
ISBN 978-4-89295-921-9
ISBN 89-8281-949-5
Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集
テンプレートを表示

竹林はるか遠く-日本人少女ヨーコの戦争体験記』 (たけばやしはるかとおく-にほんじんしょうじょヨーコのせんそうたいけんき、So Far from the Bamboo Grove) は、日系米国人作家ヨーコ・カワシマ・ワトキンズによる自伝小説1986年 (昭和61年) にアメリカ出版された。

作者のヨーコ自身が11歳だった第二次世界大戦終戦時に体験した朝鮮半島北部の羅南らなんから京城けいじょう釜山ふざんを経て日本へ帰国する際の、朝鮮半島を縦断する決死の体験や、引揚後の苦労が描かれている。戦争の悲惨さを訴える資料として、アメリカでは優良図書に選ばれ中学校用の教材として多くの学校で使用されている[要出典]

日本語版は2013年 (平成25年) 7月19日に『竹林はるか遠く──日本人少女ヨーコの戦争体験記』という邦題でハート出版より発売された[1]。同年6月7日の時点で Amazon.co.jp のベストセラーになった[2]。続編の、MY BROTHER, MY SISTER, AND I は2015年に続・竹林はるか遠く-兄と姉とヨーコの戦後物語という邦題でハート出版から発売された。 大韓民国では2005年 (平成17年) に『요코 이야기 (ヨーコ物語、ヨーコの話)』として訳出されたが[3]、後に発売中止となった。

著者について[編集]

本書の著者ヨーコ・カワシマ・ワトキンズは、1933年 (昭和8年) 青森で生まれた。生後六ヶ月で南満州鉄道 (満鉄) に勤務する父に連れられ、家族で朝鮮北部の羅南 (現在の北朝鮮・咸鏡北道清津市) に移住。朝鮮咸鏡北道で11歳まで過ごす。1945年 (昭和20年) 日本の敗戦が濃厚になると、母親と姉とともに避難を開始し、京城けいじょうを経由して日本へ逃れる。離れ離れになったとも後に再会を果たす。帰国後、京都市内の女学校に入学。働きながら学問に励み卒業すると、京都大学で英文学を学ぶ。卒業後、米軍基地で通訳として勤務していたが、結婚し渡米。アメリカの子供たちに日本文化を伝える活動をしていた。1976年 (昭和51年) になってヨーコは当時の逃避の詳細を兄に問い、その様子を1986年 (昭和61年) に本書にまとめた[4]。この物語の続編にMY BROTHER, MY SISTER, AND I がある。

あらすじ[編集]

川嶋一家5人は朝鮮半島東北部の町・羅南らなんで、戦時下ではあるが、それなりに平和に暮らしていた。1945年 (昭和20年) のある日 (4月以降)、擁子ようここうは慰問に訪れた軍病院で、負傷兵松村まつむら伍長と知り合う。数週間後、松村まつむら伍長は川嶋家をお礼に訪れ、その後もたびたび訪れ、川嶋一家と親密となる。この頃、朝鮮半島北部にもB-29爆撃に時々現れ、また、日本敗北の気配を読み取って、半島内に反日朝鮮人[要曖昧さ回避]共産主義同盟、朝鮮共産党軍が組織されつつあった。

1945年 (昭和20年) 7月29日深夜、松村まつむら伍長がソ連軍が侵攻してくることを一家に伝え、すぐに町を脱出することを勧める。父と淑世ひでよは不在だったが、ソ連軍は既に近くに迫っており、2人に連絡する時間はもはやなく、書置きを残して、母と擁子ようここうの三人は最低限の荷物と財産を持って、松村まつむら伍長の勧めどおり赤十字列車に乗って羅南らなんを脱出した。列車はその後京城けいじょうまで70キロの地点で爆撃に遭い、機関車が破壊されたので、三人は列車を降り、徒歩にて京城けいじょうを目指す。しかし半島内は既に、ソ連軍と呼応した、朝鮮共産党軍の兵士によって、北から南へ逃走中の日本人は片っ端から殺害され、日本人の遺体金歯を引き抜かれ身ぐるみ剥がされ、日本人の土地家屋財産などが奪われ、日本人の若い女を見つけると草むらや路地裏に引きずってでも強姦されていた。しかし、彼らを怒らせたら他の日本人が集まる避難所を攻撃されるとされ、周囲にいた日本人難民は反撃できないで、悲鳴を聞いても黙って耐えるという地獄絵図と化していた。

擁子ようこ達三人は、釜山ふざんまで列車で移動し、衣食住は極貧であったが、赤十字病院やアメリカ軍の残した残飯を漁ったり、髪を切り男装したりと知恵を絞り、何とか無事に生き残り、秋に連絡船で福岡に帰国する。 ところが、帰国後も彼女たちを待ち受けたのは、夢に見た美しい祖国ではなかった。 唯一、空襲を受けずに済んだ京都へ出向くが、期待していた父方と母方の両方の祖父母が、青森で空襲で死亡したことが分かり、京都駅で母が病死する。 孤児となった擁子ようこと姉は、必死で残飯をあさり、駅で野宿して生き延びる。 母の願いで、学校にだけは通いつづけるが、そこでは貧しい擁子ようこに心無い言葉を浴びせる裕福な子供達が待ち受けていた。

しかし、親切な増田ますだ夫妻と、再会した松村まつむら伍長の支えで、姉妹で働きながら何とか生活基盤を整えて行った。父と兄が生きていることだけを信じて、毎週末、福岡から移転した舞鶴港で、朝鮮からの避難民の中から兄を探した。松村まつむら伍長の計らいで、ラジオで探し人として、父と兄の名前が呼ばれた。 そんなある春の日、朝鮮風の格好をした男性が、彼女達の家をたずねて来た…。

登場人物[編集]

川嶋 擁子かわしま ようこ
この物語の主人公にして作者。11歳の少女。ヨーコとも記される。あだ名は「小っちゃいの」。
川嶋 好かわしま こう
擁子ようこの姉。女学生。16歳。勝気なしっかり者。頼りない母をえる。
川嶋 淑世かわしま ひでよ
擁子ようここうの兄。18歳。予科練を希望するも筆記試験に落ち、代わりに週6日、家から離れた兵器工場で住み込みで働く。その時にソ連軍が朝鮮半島に侵攻し、家族と別れ別れになる。
川嶋 良夫かわしま よしお
父親。南満州鉄道社員。ソ連軍侵攻時は家に不在で、家族と別れ別れになる。その後6年間シベリア抑留される。職業柄、一家は裕福な方で、子供たちにも書道や日本舞踊など習い事をさせることができた。出身は青森
ソ連軍侵攻時、擁子ようここうを連れ、京城けいじょうを目指し、満州国境から80キロの朝鮮東北部の町・羅南[5]を脱出する。出身は青森。
松村まつむら伍長
負傷兵。擁子ようここうが慰問の演劇のために訪れた軍病院で知り合う。その後、一家にソ連軍侵攻をいち早く伝え、脱出の機会を与える。日本では絹織物業を営む富裕な身分。
浅田あさだ先生
擁子ようこの通う京都の女子学校の担任教師。
内藤ないどうさん
学校の用務員。吃音がある。学校での擁子ようこの唯一の話し相手。貧しい擁子ようこに何かと手を貸す。
増田ますださん
京都下駄工場の奥さん。京都駅で、朝鮮からの避難民として姪が戻るのを待ち続けている際、母が病死し二人きりとなった擁子ようここうに同情して、住む場所として工場の倉庫を貸し与える。

韓国人・韓国系アメリカ人による反発[編集]

この本の記述に、終戦直後朝鮮人[要曖昧さ回避]日本人女性子供迫害し、性的暴行を行っていたという記述が含まれることから、韓国人韓国系アメリカ人が反発した。2007年 (平成19年) 現在ではこの本の教材使用禁止運動も行われており、活発なロビー活動が行われた。韓国領事館も米教育当局へ嘆願書を提出。これらの圧力を受けて、一部の地域では教材から取り除くなどの対応が行われている[6][7][8][9]。またこの抗議活動の過程で韓国の中央日報、作中にて父親の職業が「満洲で働く高級官僚」であり、後の本で「6年間という長期のシベリア抑留を受けていた」とされていることを根拠に、731部隊の幹部であったのではないかという疑惑があると報道している[10] (作者自身は、父親は満鉄社員であったと証言している[11][12])。また、作品の内容にも矛盾がある、などとしている[13]

ただし韓国国内にも、(作品の後半部分は日本帰国後の苦しみを記述していることもあり) 戦争の悲惨さを訴えている作品であり、あえて朝鮮人のみを悪く言っているわけではない、という[誰?]も見られる[14]

著者は記者会見などでこの本の内容は真実であると主張している[要出典]が、一部の韓国紙や韓国人団体はこの本がだらけだと批判している[9]。その理由として (1) ようこが住んでいた豆満江近くは冬マイナス30度以下の寒さで竹は存在しない、(2) 米軍が韓国を攻撃したのは韓国戦争が始まった1950年が最初[12] 、(3) 人民軍は1948年に創立された[9]、などを挙げている。

一方、朝鮮共産党保安隊(ソビエト連邦軍)は1945年に創立された、ソビエト連邦軍の朝鮮人部隊は1942年に創立された。

書誌情報[編集]

英語版[編集]

日本語版[編集]

韓国語版[編集]

  • 요코 가와시마 왓킨스 (2005-04-29) (朝鮮語). 요코 이야기. translated by 윤현주. 문학동네. ISBN 89-8281-949-5. 

続編[編集]

動画[編集]

関連文献[編集]

  • Yoko Kawashima Watkins (January 1, 1996). So Far From the Bamboo Grove: Novel-Ties Study Guide. Learning Links. p. 28. ISBN 1-56982-654-4.  - 原作者による読書案内。
  • MCDOUGAL LITTEL (September 9, 1996). McDougal Littell Literature Connections: Student Edition So Far from the Bamboo Grove (Paperback ed.). MCDOUGAL LITTEL. p. 192. ISBN 0-395-77138-2.  - MCDOUGAL LITTELによる学生版。
  • Novel Units, Inc. (March 1, 2007). So Far from the Bamboo Grove - Teacher Guide. Novel Units, Inc.. p. 32. ISBN 978-1-58130-578-4.  - 学校の教材として使うときの教師への手引き。
  • GLENCOE (March 3, 2000). So Far Bamboo Grove Related Readings Gr7. The Glencoe literature library (Hardcover ed.). McGraw-Hill Inc.. p. 133. ISBN 0-02-818009-7. 
  • BookRags (April 17, 2012). So Far from the Bamboo Grove Lesson Plans (Kindle Edition ed.). Amazon Digital Services, Inc.. ASIN B007V9X0OQ.  - 教師への手引きのキンドル電子書籍版。

脚注[編集]

  1. ^ ワトキンス 2013
  2. ^ Amazon.co.jp ベストセラー: 本 の中で最も人気のある商品です”. Archive.is (2013年6月7日). 2013年8月18日閲覧。
  3. ^ 왓킨 스2005
  4. ^ So Far from the Bamboo Grove by Yoko Kawashima Watkins BookRags (英語)
  5. ^ 羅南 (らなん)。現在の朝鮮民主主義人民共和国の北東部にある清津市の南部地区。日本統治時代の軍都。ラナム、ナナムとも呼ばれる。
  6. ^ 朝鮮日報 2007-01-18a
  7. ^ 朝鮮日報 2007-01-18b
  8. ^ Lisa Kocian (2006年11月12日). “Ban book from class, panel says” (英語). ボストン・グローブ. オリジナル2012年10月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20121022035020/http://www.boston.com/news/local/articles/2006/11/12/ban_book_from_class_panel_says/?page=2 
  9. ^ a b c Park Chung-a (2007年1月23日). “US: More American schools stop textbook falsifying Korea” (英語). Korea Times. UCLA アジア研究所. オリジナル2012年3月22日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120322052735/http://www.asiamedia.ucla.edu/article.asp?parentid=61889 
  10. ^ “「『ヨーコの話』の最大の過ちは被害者と加害者を入れ替えた点」” (日本語). 中央日報. (2007年2月17日). http://japanese.joins.com/article/714/84714.html?sectcode=400&servcode=400 2014年9月20日閲覧。 
  11. ^ 産経新聞 2010-12-05
  12. ^ a b Park Soo-mee (Staff Writer) / Sohn Min-ho (JoongAng Ilbo) (2007年2月2日). “Controversial author stands by story of her war ordeal” (英語). 中央日報. オリジナル2011年7月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110718172209/http://joongangdaily.joins.com/article/view.asp?aid=2871981 
  13. ^ 聯合ニュース 2007-01-18
  14. ^ 中央日報 2007-01-27

参考文献[編集]

  • 中宮崇 「「ヨーコの話」大騒動」『情報戦「慰安婦・南京」の真実』 オークラ出版〈OAK MOOK 150号. 撃論ムック Vol.5〉、2007年7月、146-149頁。ISBN 978-4-7755-0937-1
  • 加藤久哉 「全米で起きた『ヨーコの物語』弾圧の真相」『拉致と侵略の真実 教科書が教えない日本被害史 完全保存版』 オークラ出版〈OAK MOOK 199号. 撃論ムック Vol.9〉、2008年3月、136-137頁。ISBN 978-4-7755-1143-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]