競馬場前駅 (岐阜県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

競馬場前駅(けいばじょうまええき)は、現在の岐阜県各務原市にあった、名古屋鉄道(名鉄)各務原線

かつて存在した各務原競馬場の最寄駅として新設された臨時駅で、競馬開催日のみ営業していた[1]。位置は現在の名電各務原駅 - 苧ヶ瀬駅の間、鵜沼各務原町4丁目の馬場医院の裏に当たる[2]

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 矢野吉彦 『競馬と鉄道 : あの"競馬場駅"は、こうしてできた』 交通新聞社交通新聞社新書〉、2018年4月、96頁。ISBN 978-4-330-87718-1 
  2. ^ 『鵜沼小百年』196項
  3. ^ 矢野吉彦 『競馬と鉄道 : あの"競馬場駅"は、こうしてできた』 交通新聞社交通新聞社新書〉、2018年4月、253頁。ISBN 978-4-330-87718-1 

隣の駅[編集]

名古屋鉄道
各務原線
名電各務原駅 - 競馬場前駅 - 苧ヶ瀬駅