竜胆瀉肝湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)は、漢方薬処方のひとつで、膀胱炎などの尿路や生殖器の炎症をおさえ、尿の出をよくする。比較的体力があり、冷えのないものに使用する。

概要[編集]

漢方の古典といわれる中国の医書『薜氏十六種』に記載がある。清熱瀉火である竜胆を主薬とし、清熱山梔子黄苓、清熱利水の車前子沢潟木通、補血の地黄当帰により処方は構成される。中医学では肝胆火旺(肝火上炎)に用いる。は弦滑数、舌質は紅、舌苔は黄膩。膀胱炎膣炎子宮内膜症など主に尿路疾患に用い、排尿痛、頻尿、残尿感、尿のにごり、陰部のかゆみなどに効果がある。また、自律神経の過亢進を抑制する作用があることから、これを原因とする不眠、いらいら、怒りっぽさ、目の充血、はげしい頭痛などにも効果がある。

構成生薬[編集]

薬効成分[編集]

有効成分は特定されていないものの、小太郎漢方製薬により以下の含有成分が判明している。なお、小太郎漢方製薬の竜胆瀉肝湯は、その他の生薬を含んでいるため、一般的なものではない (例えば黄連や黄柏が追加されているため、ベルベリンが含まれている)。

適応[編集]

副作用[編集]

  • 胃腸障害
  • の不快感
  • 吐き気
  • 食欲不振

注意事項[編集]

  • 1ヵ月以上服用しても症状がよくならない場合は医師に相談。
  • 食前もしくは食間に服用。
  • 生薬全般にいえることだが、まれに配合生薬である甘草による偽アルドステロン症(血圧上昇、むくみ、体重増加)、発疹じんま疹ミオパシー低カリウム血症のため、初発症状として脱力感、手足のけいれんや麻痺などがみられる)などをおこすことがある。

脚注[編集]

  1. ^ 漢方製剤 N76 コタローりゅうたんしゃかんとう 竜胆瀉肝湯エキス細粒 医薬品インタビューフォーム

関連項目[編集]

外部リンク[編集]