竜田邦明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竜田 邦明(たつた くにあき、1940年12月1日 - )は日本有機化学者大阪市出身[1]早稲田大学教授。日本化学会副会長。

業績[編集]

四大抗生物質群を含む102種の天然生理活性物質(天然物)の全合成を達成し、有機化学の重要な分野の一つである天然物合成において先導的役割を果たしてきた。それらのうち90種は世界最初の全合成であり、世界的にも極めて顕著な完成数であることから、国際的に「Dr. Total Synthesis」と呼ばれる天然物合成の世界的第一人者である。なかでも特異な構造とその生理活性により四大抗生物質群と称されるマクロライドアミノグリコシドペニシリンおよびテトラサイクリン系抗生物質のすべての代表物質の全合成に世界で初めて成功した。また、糖質を不斉炭素源に用いる合成法を開拓して約60種類の多様な天然物の全合成を達成し、有機化学の重要な方法論として基礎を築いた。さらに、数種の医薬品を創製し実用化すると共に、多くの工業的合成法も開発して、有機合成化学の無限の可能性を明示し境界領域の発展にも大きく寄与した。2009年、日本学士院賞受賞。

略歴[編集]

受賞・叙勲[編集]

参照[編集]

  1. ^ 日本学士院賞授賞の決定について