立花一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
立花一

立花 一(たちばな はじめ、1882年明治15年)12月7日 - 1966年昭和41年)10月31日[1])は、日本の海軍軍人政治家。最終階級は海軍少将舞鶴市長

経歴[編集]

鹿児島県鹿児島郡鹿児島城下で、立花直助、アサ夫妻の息子として生まれる[2]1905年11月、海軍兵学校33期)を卒業し、1906年12月、海軍少尉任官。海軍大学校で乙種学生、専修学生として学ぶ[2]

須磨」「三笠」「石見」「香取」「八雲」「磐手」「山城」「陸奥」などの航海長を務めた[2]1926年10月、「石廊」特務艦長に就任し、同年12月、海軍大佐に進級した[2]

1927年4月、舞鶴要港部港務部長に転じ、以後、兼舞鶴要港部軍需部長、呉港務部長などを務め、1932年12月1日、海軍少将に進級し軍令部出仕となる[2]。同月10日、待命、同月15日に予備役編入となる[2]1945年4月1日に退役した[2]

1938年11月8日から1943年5月26日まで京都府東舞鶴市長を務めた[3][4]。1943年5月27日、旧舞鶴市と東舞鶴市が合併して新舞鶴市が誕生し、立花はその初代市長に同年7月27日に就任した[4]。戦時下の対応、空襲などからの市民の安全確保、戦災の復興などに尽力。1945年12月10日に市長を退任した[4]。戦後、公職追放となった[5]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本海軍将官辞典』236頁。
  2. ^ a b c d e f g 『日本海軍史』第10巻、221-222頁。
  3. ^ 「立花一京都府舞鶴市長ニ任スルノ件」
  4. ^ a b c 『日本の歴代市長』第2巻、727頁。
  5. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、82頁。NDLJP:1276156 
  6. ^ 『官報』第7084号「叙任及辞令」1907年2月13日。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 歴代知事編纂会編『日本の歴代市長』第2巻、歴代知事編纂会、1984年。
  • 内閣「立花一京都府舞鶴市長ニ任スルノ件」昭和18年。国立公文書館 請求番号:本館-2A-021-00・任B03464100