立石 (考古学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

立石(りっせき)は、遺構の一種で、大きな河原石を地面に穴を掘って立てたものをいう。

概要[編集]

日本では縄文時代とくに後期の墓域によくみられる。秋田県鹿角市大湯環状列石の「日時計様組石」が有名である。ある種の記念物・墓標あるいは何かの目印として立てられたものと考えられる。

縄文時代早期のものとしては長野県こぶし畑遺跡松本市)、前期のものとしては秋田県の根羽子沢遺跡横手市)、長野県の阿久遺跡原村)・上原遺跡大町市)の例が知られ、これらはいずれも古い段階の立石遺構である。中期から晩期になると数が増え、分布域も広がる。

関連項目[編集]