立憲民主連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

立憲民主連合アラビア語التجمع الدستوري الديمقراطي‎ Al-Tajammu` al-Dustūrī al-Dīmuqrāṭīフランス語Rassemblement constitutionnel démocratique)は、チュニジア政党ベン=アリーガンヌーシメバザ政権において与党の立場にある。 本項目では、その前身である新憲政党、社会主義憲政党も説明する。

歴史[編集]

  • 1934年 憲政党(Destour)より分立。新憲政党(Neo Destour)を創設。
  • 1956年 チュニジア、立憲王国チュニジア王国)としてフランスから独立。新憲政党を中心とする民族戦線が圧勝し、ブルギーバが首相に選任。
  • 1957年 ブルギーバ、王政を廃し、共和制への移行を宣言。自ら大統領に就任。
  • 1964年 名称を「新憲政党」から「社会主義憲政党(Parti socialiste destourien)」に変更。
  • 1987年 ブルギーバが退任し、ベン=アリーが大統領に就任。
  • 1988年 名称を「社会主義憲政党」より現名称に変更。
  • 2011年1月 ジャスミン革命によりベン=アリー政権が崩壊。後継の暫定政権でも主体となったが、国民からの批判をかわすため1月18日に中央委員会を解散、入閣した党員は全員が離党。党としては存続する[1]
  • 2011年2月 暫定政権が活動の全面停止を言い渡した[2]
  • 2011年3月 裁判所から解党を命じられた[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]