立憲民主党国会議員一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
立憲民主党のロゴマーク

立憲民主党国会議員一覧(りっけんみんしゅとうこっかいぎいんいちらん)

立憲民主党国会議員は、2019年(平成31年)現在、衆議院議員54名、参議院議員24名の計78名である(衆議院副議長の赤松広隆を除く)。

北海道ブロック[編集]

北海道(衆8/参2)
小選挙区 道下大樹1区 荒井聰3区 佐々木隆博6区 逢坂誠二8区 石川香織11区
比例区 本多平直4区 池田真紀5区 神谷裕10区
選挙区 鉢呂吉雄
(2022年改選)
比例区 相原久美子
(2019年改選)

東北ブロック[編集]

青森県(空白区)
岩手県(空白区)
宮城県(衆2/参0)
比例区 岡本章子1区 阿久津幸彦
秋田県(空白区)
山形県(空白区)
福島県(空白区)

北関東ブロック[編集]

茨城県(衆0/参1)
選挙区 藤田幸久
(2019年改選)
栃木県(衆1/参0)
小選挙区 福田昭夫2区
群馬県(衆2/参0)
比例区 長谷川嘉一3区 堀越啓仁
埼玉県(衆4/参0)
小選挙区 枝野幸男5区
比例区 山川百合子3区 大河原雅子 高木錬太郎

南関東ブロック[編集]

千葉県(衆3/参1)
比例区 岡島一正3区 生方幸夫6区 宮川伸13区
選挙区 長浜博行
(2019年改選)
神奈川県(衆6/参3)
小選挙区 早稲田夕季4区 青柳陽一郎6区 阿部知子12区
比例区 篠原豪1区 中谷一馬7区 山崎誠[1]
選挙区 牧山弘恵
(2019年改選)
真山勇一
(2022年改選)
比例区 那谷屋正義
(2022年改選)
山梨県(衆0/参1)
選挙区 宮沢由佳
(2022年改選)

東京ブロック[編集]

東京都(衆8/参5)
小選挙区 海江田万里1区 落合貴之6区 長妻昭7区 菅直人18区
比例区 手塚仁雄5区 初鹿明博16区 末松義規19区 山花郁夫22区
選挙区 蓮舫
(2022年改選)
小川敏夫
(2022年改選)
比例区 川田龍平
(2019年改選)
吉川沙織
(2019年改選)
白眞勲
(2022年改選)

北陸信越ブロック[編集]

新潟県(衆1/参1)
小選挙区 西村智奈美1区
選挙区 風間直樹
(2019年改選)
富山県(空白区)
石川県(空白区)
福井県(空白区)
長野県(衆0/参1)
選挙区 杉尾秀哉
(2022年改選)

東海ブロック[編集]

岐阜県(空白区)
静岡県(空白区)
愛知県(衆5/参1)
小選挙区 近藤昭一3区 赤松広隆[2]5区 山尾志桜里7区
比例区 吉田統彦1区 松田功
選挙区 斎藤嘉隆
(2022年改選)
三重県(衆0/参1)
選挙区 芝博一
(2022年改選)

近畿ブロック[編集]

滋賀県(空白区)
京都府(衆1/参1)
比例区 山本和嘉子[3]
選挙区 福山哲郎
(2022年改選)
大阪府(衆5/参0)
小選挙区 辻元清美10区
比例区 尾辻かな子2区 長尾秀樹5区 村上史好6区 森山浩行16区
兵庫県(衆1/参0)
比例区 桜井周6区
奈良県(空白区)
和歌山県(空白区)

中国ブロック[編集]

鳥取県(空白区)
島根県(衆1/参1)
比例区 亀井亜紀子1区
比例区 石橋通宏
(2022年改選)
岡山県(衆1/参1)
比例区 高井崇志1区
比例区 難波奨二
(2022年改選)
広島県(空白区)
山口県(空白区)

四国ブロック[編集]

徳島県(空白区)
香川県(空白区)
愛媛県(空白区)
高知県(衆1/参0)
比例区 武内則男

九州・沖縄ブロック[編集]

福岡県(衆1/参3)
比例区 山内康一3区
選挙区 野田国義
(2019年改選)
比例区 神本美恵子
(2019年改選)
江崎孝
(2022年改選)
佐賀県(空白区)
長崎県(衆1/参0)
比例区 松平浩一[4]
熊本県(衆1/参0)
比例区 矢上雅義4区
大分県(衆1/参0)
比例区 横光克彦3区
宮崎県(空白区)
鹿児島県(衆1/参0)
小選挙区 川内博史1区
沖縄県(衆0/参1)
比例区 有田芳生
(2022年改選)

院内会派に所属している国会議員[編集]

衆議院議員[編集]

立憲民主党・無所属フォーラム

参議院議員[編集]

立憲民主党・民友会・希望の会

脚注[編集]

  1. ^ 比例東北ブロック選出
  2. ^ 副議長就任につき党籍離脱中
  3. ^ 比例北陸信越ブロック選出
  4. ^ 比例北陸信越ブロック選出

関連項目[編集]

外部リンク[編集]