立川警察署

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Asahikage.svg 警視庁立川警察署 Japanese Map symbol (Police station).svg
Tachikawa-ps.jpg
都道府県警察 警視庁
管轄区域 立川市上砂町六・七丁目を除く)、国立市
課数 6
交番数 14
駐在所数 4
所在地 190-0014
東京都立川市緑町3233番地の2
位置 北緯35度42分21.2秒
東経139度24分27.8秒
座標: 北緯35度42分21.2秒 東経139度24分27.8秒
外部リンク 立川警察署
テンプレートを表示

立川警察署(たちかわけいさつしょ)は、警視庁が管轄する警察署の一つである。第八方面本部所属。同署の目と鼻の先には第八方面本部や通信指令本部多摩指令センターなどが所在する多摩総合庁舎、第四機動隊庁舎や航空隊立川飛行センターなど、警視庁の機能や施設が集中している。

署員数、約430名。大規模警察署であり、署長警視正。識別章所属表示はUC。

管轄区域[編集]

施設[編集]

所在地[編集]

沿革[編集]

組織[編集]

交番[編集]

  • 国立駅前交番(国立市北1-14)
  • 富士見台交番(国立市富士見台1-7)
  • 谷保交番(国立市谷保7092)
  • 羽衣町交番(立川市羽衣町2-51-1)
  • 立日橋交番(立川市柴崎町6-19-23)
  • 錦町交番(立川市錦町1-10-27)
  • 富士見町交番(立川市富士見町6-19-1)
  • 富士塚交番(立川市富士見町1-23-6)
  • 立川駅南口交番(立川市柴崎町3-7-2)
  • 立川駅北口交番(立川市曙町2-1-1)
  • 高松町交番(立川市高松町2-38-3)
  • 天王橋交番(立川市一番町4-6-4)
  • 砂川四番交番(立川市砂川町1-52-16)
  • 砂川八番交番(立川市 幸町2-39-5)

駐在所[編集]

  • 東区駐在所(国立市東3-10-7)
  • 曙町駐在所(立川市曙町3-29-1)
  • 一番町六丁目駐在所(立川市一番町6-17-70)
  • 若葉町駐在所(立川市若葉町1-13-3)

地域安全センター[編集]

  • 中区地域安全センター(国立市中3-2-13)2007年4月1日に中区交番から転換。

巡査長による女性射殺事件[編集]

2007年8月21日、地域課巡査長が国分寺市在住の32歳知人女性宅に勤務中に訪れ、配備された拳銃を3発発砲し射殺した後に同じ拳銃で自殺する、殺人事件が発生した[1]

この事件では、2006年11月に巡査長がプライベートで飲食店に訪れた際に女性に一目ぼれし、一方的に好意を寄せ職務中に無断に女性宅に訪れるなどといったストーカー行為をし、事件前には巡査長が無断に女性宅に侵入するといった事件も発生している。また、職務中に私用の携帯電話を使ってメールを送っていたことも明らかとなった[2]。ちなみに、事件後に警察庁では基本的に職務中に私用の携帯電話を利用することを禁じた(“Pフォン”E05SHはこの直後、2009年から配備された)[3]

事件後、巡査長は規則で退職金として1,200万円支払われることになっており、苦情の電話があった他、石原慎太郎東京都知事から非難された。退職金は結局、受取人である遺族が受取辞退を申し出たために支払われなかった[4]。また、立川警察署員らが女性の遺族に100万円の見舞金を送った[5]

事件を受け、同年9月20日の国家公安委員会矢代隆義警視総監戒告、立川警察署長を3ヶ月間減給10分の1に、警視庁は立川警察署幹部8人に懲戒処分を下した。また、同日に自殺した巡査長は被疑者死亡のまま殺人容疑で書類送検された。立川警察署長は事件処分を受け、9月21日に引責辞任した[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]