立川談志 (名跡)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

立川 談志(たてかわ だんし)は、落語家名跡。7代目(自称5代目)である松岡克由の没後は空き名跡となっている。

各代[編集]

ただし、4代目桂文之助1916年に著した『古今落語系図一覧表』では、のちに宇治新口を名乗った談志が代数に入っておらず、花咲爺の談志が2代目、釜掘りの談志が3代目、本名恒川駒吉の談志が4代目となっている。

7代目が5代目を自称した経緯[編集]

明治時代の寄席で人気を博していた釜掘りの談志(4代目)が初代を称し、俥屋の談志がそれに倣って4代目と称していたようなので、小ゑんは5代目というのは語呂が良く、さらに師匠5代目柳家小さんと代数が合うので丁度いいということで、5代目を名乗ることになった[1]

釜掘りの談志を初代と見なした場合、3代目になるはずの談志がなぜ4代目を称していたかというのは、本名恒川駒吉の談志と俥屋の談志の間にはもう一人談志がいたらしいため、その談志を代数に含めていたためではないかと思われる。また、花咲爺の談志(3代目)を初代とみなしたから5代目となった、とも言われる。[要出典]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 立川談志 『現代落語論』[要追加記述]