立川裕二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

立川 裕二(たちかわ ゆうじ、1979年10月5日 - )は日本の物理学者。東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構教授。専門分野は素粒子物理学、特に超弦理論における場の理論数理物理など[1]大阪府富田林市出身。

灘中学校・高等学校在学中には、国際数学オリンピックの日本代表に2回選出された。1995年(日本予選:中学3年[2][3]、国際大会:高校1年)の第36回カナダ大会、1996年(日本予選:高校1年[2][3]、国際大会:高校2年)の第37回インド大会に連続出場し、共に銀メダルを獲得した[4]。当時のメンバーに中島さち子(1996年大会で、日本人女子選手として初の金メダルを獲得。フェリス女学院高等学校→東大。現ジャズピアニスト)がいる[4]

経歴[編集]

  • 1998年 灘高等学校卒業、東京大学入学
  • 2006年 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了
  • 2006年 プリンストン高等研究所自然科学部門(School of Natural Sciences)博士研究員
  • 2010年 東京大学数物連携宇宙研究機構特任助教
  • 2012年 東京大学理学部物理学科准教授、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構科学研究員
  • 2016年 東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構教授

研究[編集]

超弦理論に関する重力理論、数理物理、及び超対称性のある4次元場の理論。AGT対応の発見者。

受賞[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 立川裕二博士の研究業績概要
  2. ^ a b 日本数学オリンピック(JMO)とは?
  3. ^ a b 日本数学オリンピック(JMO)の成績
  4. ^ a b 国際数学オリンピック(IMO)における日本選手の成績数学オリンピック財団HP。
  5. ^ Hermann Weyl Prize
  6. ^ 立川裕二准教授がヘルマン・ワイル賞を受賞
  7. ^ BREAKTHROUGH PRIZE AWARDED $22 MILLION IN SCIENCE PRIZES - Breakthrough Prize

外部リンク[編集]