立川小談志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

立川 小談志(たてかわ こだんし)は落語。当代は2代目。

  • 初代 立川小談志 - のちの4代目喜久亭寿楽
  • 2代目 立川小談志 - 本項にて説明。

立川 小談志たてかわ こだんし
立川 小談志
丸に左三蓋松は、立川流の定紋である。
本名 寺田 政春
生年月日 (1976-09-08) 1976年9月8日(42歳)
出身地 日本の旗 日本岐阜県揖斐郡
師匠 5代目立川談志
立川龍志
名跡 1. 立川談吉(1999年 - 2002年)
2. 立川談一(2002年 - 2002年)
3. 立川千弗(2002年 - 2007年)
4. 泉水亭錦魚(2007年 - 2015年)
5. 立川小談志(2015年 - )
出囃子 マグマ大使
活動期間 1999年5月 -
活動内容 落語家
所属 落語立川流
公式サイト 錦魚のブログ お知らせ編

2代目立川 小談志1976年9月8日 - )は、岐阜県揖斐郡生まれの落語家。本名、寺田 政春

経歴[編集]

  • 1999年3月 - 愛知大学卒業。在学中は落語研究会に所属し、同期に柳家燕弥柳家権太楼門下)がいた。
  • 1999年5月 - 落語立川流Aコースに入門し、立川 談吉(たてかわ だんきち)と命名される。
  • 2002年5月21日 - 第三次前座全員破門騒動により立川流を破門となる。
  • 2002年6月 - 破門騒動により前座が一人しかいないという事態に対し、立川談志の判断により、立川流一門共有前座という形で復帰。立川談一と改名する。
  • 2002年7月 - 立川 千弗に改名する。
  • 2007年7月 - 二つ目昇進。泉水亭 錦魚に改名する(他の名前の候補に、二つ目昇進ということで「二千弗(にせんどる)」もあった)。
  • 2011年11月 - 師匠の談志が死去。
  • 2012年3月 - 立川龍志の預かり弟子となる。
  • 2015年10月 - 真打昇進[1]。また、同時に2代目立川 小談志を襲名。

出典[編集]

  1. ^ 落語立川流、志らら、小談志ら5人が真打昇進”. SANSPO.COM (2015年9月23日). 2015年9月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]