立川勇次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

立川 勇次郎(たちかわ ゆうじろう、文久2年(1862年3月20日)[1] - 大正14年(1925年)12月14日[1])は、明治大正期の実業家。主に電気業界に関わる。岐阜県大垣市出身。京浜急行電鉄の創業者。

略歴[編集]

美濃国大垣藩の藩士の清水垣右衛門の次男として生まれる[1]。1882年立川清助の養子となる[1]。東京で弁護士として活動した後、実業家へ転身[1]

1898年(明治32年)、大師電気鉄道(現京浜急行電鉄)の代表に就任[1]。日本の電気鉄道の先駆けとなる。この成功から出身地の大垣からの要望を受け、岐阜県西濃地区の発展を考えるようになる。

やがて地元に戻り、1911年(明治44年)、養老鉄道を設立(同社が開業した養老線は後に近畿日本鉄道の路線となり、2007年10月から新たに設立された養老鉄道が運営している)[1][2]

1912年(大正元年)、大垣を中心とした西濃地区の電力供給を目的として、揖斐川電力(現イビデン)設立[3]。初代社長となる[1]

また東京-大阪間を電気鉄道で結ぶ日本電気鉄道を計画したが却下された[4]

その他[編集]

毎年8月、養老鉄道養老線養老駅前の立川勇次郎顕彰碑にて、顕彰祭が行われている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 鉄道史学会編『鉄道史人物辞典』、日本経済評論社、2013年、266-267頁
  2. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第22回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  3. ^ 『日本全国諸会社役員録. 第21回』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ 東京大阪高速度電鉄結局は却下「東京日日新聞」1919年5月29日神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫