立ケ花駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
立ヶ花駅から転送)
移動先: 案内検索
立ケ花駅
ホーム(2006年12月17日)
ホーム(2006年12月17日)
たてがはな
Tategahana
信濃浅野 (1.7km)
(3.0km) 上今井
所在地 長野県長野市豊野町蟹沢[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 飯山線
キロ程 3.9km(豊野起点)
電報略号 タテ[2]
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
乗車人員
-統計年度-
163人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1958年昭和33年)8月8日[1]
備考 無人駅[1](自動券売機 有[2]
標高:335.8m[2]
テンプレートを表示

立ケ花駅(たてがはなえき)は、長野県長野市豊野町蟹沢にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)飯山線である[1]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を持つ地上駅[1]

飯山駅管理の無人駅である[1]。簡素な造りの待合室がある[1]。簡易自動券売機設置[2]

利用状況[編集]

「長野県統計書」によると、1日平均の乗車人員は以下の通りである。

  • 2009年度 - 187人[2]
  • 2010年度 - 164人
  • 2011年度 - 163人

駅周辺[編集]

  • 千曲川[1] - ホームからは線路と国道117号の旧道を挟んで位置する[2]
  • 国道117号[1]の旧道に面するが、周辺に民家や商店などはない。なお、駅利用者の大半は千曲川の対岸にある駅名の由来ともなった長野県中野市立ヶ花地区の住民である[2]

路線バス[編集]

駅付近の国道117号上に立ケ花駅停留所がある。以前は長野市営バス豊野線も乗り入れていたが、2009年(平成21年)4月1日の改正で立ケ花駅を経由しないルートに変更となった。

長電バス[1]

歴史[編集]

中野市立ヶ花地区と旧豊野町の住民らの負担により設置された請願駅である[2]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
飯山線
信濃浅野駅 - 立ケ花駅 - 上今井駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『週刊 JR全駅・全車両基地』21号 新潟駅・弥彦駅・津南駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2012年12月30日、24頁。
  2. ^ a b c d e f g h 信濃毎日新聞社出版部 『長野県鉄道全駅 増補改訂版』 信濃毎日新聞社、2011年7月24日、35頁。ISBN 978478407164。
  3. ^ a b “県北部豪雨災害 被災から1週間目、飯山線全線開通”. 信濃毎日新聞 (信濃毎日新聞社): p. 6(夕刊). (1995年7月18日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]