立ち会い取引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
往年の東京証券取引所の立ち会い取引(1960年頃)

立ち会い取引(たちあいとりひき)とは、厳密には証券取引先物取引において、プロフェッショナルの人対人のコミュニケーションにより、売買を成立させる方法のことである。 具体的には、声や、手のジェスチャーによるサインが利用される。現在、電子化された取引においても、この立ち会い取引という語句が利用されるようである。

東京証券取引所では、1985年から1988年電子化を進め、この昔ながらの方法を改め今では完全電子化された取引を行っている。

関連項目[編集]