窪田登

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 重量挙げ
アジア競技大会
1954 マニラ ライト級
1958 東京 ライトヘビー級
1951 ニューデリー ライト級

窪田 登(くぼた みのる、1930年4月29日 - 2017年8月20日[1])は、岡山県倉敷市出身の元ボディビルダー、元重量挙げ選手。吉備国際大学名誉教授、早稲田大学名誉教授。

人物・来歴[編集]

兄の影響でウエイトトレーニングを始める。1952年、日本ウエイトリフティング協会が開催したボディコンテストにて優勝。このコンテストが日本ボディビル協会(のちの日本ボディビル連盟)設立のきっかけとなる。

早稲田大学第一法学部卒業。1960年ローマオリンピック・ウエイトリフティング競技に出場し、ライトヘビー級7位。

ボディビル・ウェイトトレーニング関連の著書・訳書を多く手掛け、ボディビル競技の普及に貢献。

2002年4月 - 2004年3月、吉備国際大学学長を務める。

2006年、瑞宝中綬章を受章。

著書[編集]

  • ボディ・ビルディング入門(小藤書店)1955年
  • 新ボディ・ビル入門(ベースボールマガジン社)1972年
  • スポーツ選手の種目別筋力トレーニング(大泉書店)1989年
  • 私のウエイト・トレーニング50年(体育とスポーツ出版社)1998年
  • 筋力トレーニング法100年史(体育とスポーツ出版社)2007年

脚注[編集]

  1. ^ 追悼 NSCAジャパン初代理事長 窪田 登氏 ご逝去 NSCAジャパン、2017年10月25日

関連項目[編集]