窪寺恒己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

窪寺 恒己(くぼでら つねみ、1951年 - )は、日本海洋生物学者である。学位は水産学博士北海道大学、1982年)。

人物[編集]

東京都中野区生まれ。小・中・高と東京で学び、1971年北海道大学水産学部入学。1982年、北海道大学大学院水産学研究科海洋生態学専攻博士課程を修了後、米国のオレゴン州立大学海洋学部で研究助手を務める。1984年から国立科学博物館に勤務[1]1982年北海道大学水産学博士 「北太平洋亜寒帯海域における外洋性イカ類の生態学的研究」。

2004年に、小笠原諸島沖の深海で、世界で初めて生きたダイオウイカの撮影に成功。2006年には、ダイオウイカを生きたまま海面まで釣り上げた[2]2007年には、『ニューズウィーク』誌の「世界が尊敬する100人の日本人」に選ばれている[1][3]。2013年に放送された「NHKスペシャル シリーズ 深海の巨大生物」は、窪寺のダイオウイカ撮影をとりあげて大きな反響を呼び、番組は菊池寛賞を受賞した。

著書[編集]

  • 『海に生きるものたちの掟 食うか食われるか、命を受け継ぐ食物連鎖の秘密』(ソフトバンククリエイティブ、2009年)
  • 『ダイオウイカ、奇跡の遭遇』新潮社、2013 

脚注[編集]

  1. ^ a b 深海の巨大イカを捕らえた 日経サイエンス
  2. ^ 研究者紹介 窪寺恒己 国立科学博物館
  3. ^ 窪寺恒己(海洋生物研究者) ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

外部リンク[編集]