空軍2325戦隊209派遣隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2325戦隊209派遣隊
2325부대 209파견대
創設 1968年4月1日 - 1971年8月23日
国籍 大韓民国の旗 韓国
軍種 Flag of the Republic of Korea Air Force.svg 大韓民国空軍
兵科 秘密任務特殊部隊(Black op special forces)
任務 金日成の暗殺
規模 31名
上級部隊 第20特殊任務中隊(20th Special Service Squadron)
基地 実尾島
ニックネーム 684部隊、 実尾島部隊

空軍2325戦隊209派遣隊、または684部隊とは、韓国空軍がかつて有した秘密作戦部隊である。課せられていた唯一の任務は当時の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の首相金日成の暗殺であった[1]

組織[編集]

1968年1月19日に起こった青瓦台襲撃未遂事件への報復措置を求める朴正煕大統領の命令を受け、大韓民国中央情報部(KCIA)の金炯旭韓国語版部長が創設を決定したとされる。国防部はこの部隊を空軍2325戦隊の派遣隊と位置づけ、軽犯罪者や任務成功後の賞金を約束された無職の若者など31名がここに所属した[2]

青瓦台を襲撃した北朝鮮の124部隊と同様、684部隊は31人の隊員によって編成されていた。その使命は北朝鮮の首相、金日成の暗殺である。684部隊というコードネームは、結成された1968年4月を意味しているという。隊員らは仁川沖に浮かぶ無人島、実尾島で秘密裏に過酷な訓練を施された。この訓練の最中に7人の隊員が死亡している。しかし、やがて南北共同声明を皮切りとする南北融和が始まると、国家元首暗殺の必要性は消滅し、1971年までに金日成暗殺作戦は撤回されてしまった。以後、目的を失った684部隊の待遇は悪化の一途をたどることになる。

実尾島事件[編集]

実尾島事件
冷戦
1971年8月23日
場所 大韓民国の旗 韓国 実尾島およびソウル特別市
結果 反乱兵は多数が殺傷ないし逮捕され、その他は自決した。
衝突した勢力
大韓民国の旗 韓国 大韓民国の旗 684部隊
指揮官
大韓民国の旗 朴正熙 大韓民国の旗 不明
戦力
不明 28名 - 31名
被害者数
不明 24名 - 27名死亡
4名逮捕(後に処刑)

1971年8月23日、684部隊は待遇の改善などを大統領に直訴しようと反乱を起こした。教官ら6名を殺害した後に朝鮮半島へ上陸した684部隊は、バスを乗っ取って首都ソウルへと向かった。最終的にバスはソウル永登浦区大方洞(現在の銅雀区大方洞)で陸軍部隊に包囲され、隊員20名は手榴弾で自決した。4名の生存者は軍法会議で死刑を宣告され、1972年3月10日に処刑された[2]

その後[編集]

韓国政府は1990年代に入るまで、684部隊に関するすべての情報を機密扱いとしてきた。2003年、映画『シルミド』の公開によって684部隊への注目が高まったが、韓国政府当局が実尾島事件に関する公的な報告書を提出したのは2006年になってからだった[3]

2009年、684部隊隊員21名の遺族は政府に対して6700万ウォンの慰謝料を求める訴訟を起こした。2010年5月19日、 ソウル中央地方法院は「実尾島部隊の隊員は訓練における異常な危険性を知らされていなかったし、またそれらの訓練は隊員の基本的人権を侵害していた」との判断を採用し、これに加えて韓国政府が隊員の死を2006年まで隠蔽し続けていたことによる遺族の精神的苦痛を認め[3]、政府に対して2730万ウォンの支払いを命じた。

脚注[編集]

参考文献[編集]