空手風雲児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
空手風雲児
ジャンル テレビ映画
原作 牧野吉晴
脚本 岩井基成 ほか
監督 島津昇一
出演者 園田哲也
葉山葉子
北原義郎
ほか
放送
放送局 日本テレビ
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1964年12月6日 - 1965年2月28日
放送時間 日曜日19:30 - 20:00
放送分 30分
回数 13
テンプレートを表示

空手風雲児』(からてふううんじ)は、1964年12月6日から1965年2月28日まで、日本テレビ系列で、日曜19時30分 - 20時00分に放送されたテレビ映画である。提供は明星食品。製作は、東映出身の映画監督・島津昇一が設立した島津プロ[1]

概要[編集]

牧野吉晴の小説『空手風雲録』を原作として、明治初期の沖縄を舞台に、空手の名手である忍勇作(しのぶ ゆうさく)が、沖縄を武者修行して様々な武術の達人と対決していく中で、空手の真髄を知り、人間として成長していく姿を描く。当初は26話の予定だったが、視聴率低迷のため全13話で終了した[2]

出演[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:牧野吉晴(「空手風雲録」より)
  • 脚本:岩井基成、秋元隆太、佐冶乾
  • 監督:島津昇一
  • 製作:島津プロ

放送リスト[編集]

参考:福島民報福島民報社、1964年12月6日 - 1965年2月28日付のラジオ・テレビ欄。

話数 放送日 サブタイトル ゲスト
1964年
1 12月6日 カデナの誓い
2 12月13日 対決 嘉の滝
3 12月20日 チャタンの決闘 糸賀三郎:巽秀太郎
4 12月27日 波濤に吠える
1965年
5 1月3日 炎の挑戦
6 1月10日 狼の牙
7 1月17日 シマの怪力 怪力三郎(別名・サンダー):松崎薫江幡高志、宮川和子
8 1月24日 嵐の那覇城 松崎薫、宮川和子、沼田曜一
9 1月31日 神変十字切
10 2月7日 ハブ使いの妖婆 木下ゆず子、藤岡琢也大友純
11 2月14日 幻の蜘蛛
12 2月21日 マブニの刺客
13 2月28日 秘術 骨くずし

エピソード[編集]

主演の園田哲也は、女優本間文子の息子で、当時日大芸術学部に在籍の22歳[1]。「痩身で、空手をやりそうな青年」のイメージに合致して抜擢されたが、空手は未経験のため、主役決定と同時に空手協会に出向いて稽古をつけている[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 毎日新聞毎日新聞社、1964年12月6日付夕刊 ラジオ・テレビ欄。 
  2. ^ 石橋雅史の万歩計 負けるわけにゃいきまっせんばい!33 「退団が意味したもの」2008年6月15日。
  3. ^ 福島民報福島民報社、1965年1月26日付 ラジオ・テレビ欄。 
日本テレビ 日曜19時台後半枠
明星食品一社提供枠、当番組までドラマ】
前番組 番組名 次番組
空手風雲児