空手道 (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
空手道
ジャンル 2D対戦型格闘ゲーム
対応機種 アーケード
開発元 テクノスジャパン
発売元 データイースト
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板
(216.75キロバイト
稼働時期 日本 1984061984年6月
アメリカ合衆国 1984091984年9月
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
デバイス 4方向レバー×2
CPU Z80(@3MHz)×3
サウンド AY-3-8910A(@1.5MHz)
DAC
ディスプレイ ラスタースキャン
縦モニター
256×224ピクセル
60.00Hz
パレット256色
テンプレートを表示

空手道』(からてどう)は、1984年6月にテクノスジャパンが開発、データイーストが発売したアーケードゲーム。日本国外やファミリーコンピュータ ディスクシステムでは『カラテチャンプ』(Karate Champ)のタイトルで発売された。

続編として、同年9月に発売された『対戦空手道 美少女青春編』(たいせんからてどう びしょうじょせいしゅんへん)がある。

概要[編集]

本格的に空手を題材にした、アーケードゲームとしては世界初の対戦格闘ゲーム[1]。続編の『対戦空手道』とともに、対戦格闘というジャンルを新しく築いたヒット作品である[1]

2本のレバー操作の組み合わせで20種類以上の空手技による攻撃と防御動作を繰り出し、修行ステージや対戦ステージを乗り越える。

続編の『対戦空手道』ではプレイヤー同士の対人戦要素が盛り込まれ、ヒロインのモモを奪い合うという内容。牛の替わりに二頭の猪が現れる等の細かな変更も行なわれている。

ゲーム内容[編集]

対CPU戦[編集]

  • CPUのルーチンはどの段位でもほぼパターン化されているので、それに従えば比較的簡単に進む事が可能。
  • ボーナスステージでは「さあ牛だ!」との吹き出しが現れ、浜辺で牛と格闘する。

操作方法[編集]

カッコ内にコマンドを記す。なお、Nはレバーをニュートラルに戻すことを意味する。

上段追い突き(→・↑)
初段〜名人まで通じてメインとなる一本技、中距離から大きく踏み込むので大変使いやすい。一本1000点、技あり500点。なお相手との距離が近すぎると回し蹴りが出てしまう。
中段追い突き(→・→)
大きく踏み込む点は上段追い突きと同様でこれも大変使いやすい。技あり200点もしくは400点。なおこの技も相手との距離が近すぎると前蹴りに化ける。
飛び横蹴り(↑・→)
二段〜七段までのメイン技。二歩進んで飛び横蹴りのタイミングさえ覚えれば八段までは確実に進める。一本1000点、技あり500点。
しゃがんで逆突き(↓・↑)
パターンが崩れた時の最後の手段的な逆転技。そして牛殺しでは必須の技となる。一本800点、技あり400点。
ローキック(N・↓)
これは相手に当てるよりもフェイント的な要素の強い技。技あり100点もしくは200点。
後ろ回し蹴り(←・→)
名人戦での必須技。ローキックフェイント後に当てる技としては最も豪快かつ美しく決まる技。前方宙返りで相手の背面に回った後の技としても使える(その場合のコマンドは→・←)一本1000点、技あり500点。

他機種版[編集]

No. 発売日 対応機種 タイトル 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 アメリカ合衆国 1985年
Apple II
コモドール64
TRS-80
Karate Champ Barkeley Software データイースト フロッピーディスク - - -
2 アメリカ合衆国 1986111986年11月
日本 198807221988年7月22日
アメリカ合衆国 NES
日本 ディスクシステム
カラテチャンプ テクノスジャパン データイースト アメリカ合衆国 ロムカセット
日本 ディスクカード両面
アメリカ合衆国 NES-KC-USA
日本 DFC-KAR
- -
3 日本 200507212005年7月21日
PlayStation 2 オレたちゲーセン族
空手道
テクノスジャパン ハムスター DVD-ROM SLPM-62628 - アーケード版の移植
4 日本 201003162010年3月16日
Wii
バーチャルコンソールアーケード
空手道 テクノスジャパン ハムスター ダウンロード - - アーケード版の移植
5 アメリカ合衆国 201005202010年5月20日
iPhone
iPad
iOS
Karate Champ テクノスジャパン Revolutionary Concepts ダウンロード 335387077 - アーケード版の移植
6 アメリカ合衆国 201008242010年8月24日
iPhone
iPad
(iOS)
Karate Champ XL テクノスジャパン Revolutionary Concepts ダウンロード 385462349 - アーケード版の移植
7 日本 201410092014年10月9日
ヨーロッパ 201507282015年7月28日
アメリカ合衆国 201509292015年9月29日
PlayStation 4
アーケードアーカイブス
空手道 テクノスジャパン ハムスター ダウンロード 日本 CUSA-01328
ヨーロッパ CUSA-02970
アメリカ合衆国 CUSA-02942
- アーケード版の移植

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 21/40点(FC)[2]
ファミリーコンピュータMagazine 11.70/25点(FC)[3]
ユーゲー 肯定的(FC)[4]
アーケード版
  • 1998年に刊行されたゲーメストムック『ザ・ベストゲーム2』では、「ある若者が空手道場で鍛錬し、やがて全国大会を目指すという、なんとも分かりやすいストーリーで、飽きを来させないものに仕上げている」、「初心者にはゲームスタート時に練習をさせてくれるという親切設計にもなっている」、「まさに劇画『空手バカ一代』を彷彿させる内容だった」と紹介されている[1]
ファミリーコンピュータ版
  • ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では合計21点となっている[2]
  • ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、11.70点(満25点)となっている[3]。また、同雑誌1991年5月24日号特別付録の「ファミコンディスクカード オールカタログ」では、「とってもベーシックな空手ゲーム」、「発売当時も今もほとんど話題にならなかったゲームだが、やり込んでみると妙に味があり、クセになってしまうだろう」と紹介されている[3]
項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 2.40 2.20 2.30 2.40 - 2.40 11.70
  • ゲーム誌『ユーゲー』では、「本来十字レバー2本で操作したものを、FCの少ないボタンで巧みにカバー」、「ステージもバリエーションが増え、崖の上や荒野、裏路地でストリートファイトと、無駄にケレン味タップリ」、「妙な当たり判定もあり、一撃の重みによる緊迫感は手に汗を握ってしまうこと必死だ」と評している[4]

備考[編集]

  • 1988年にデータイーストUSA社は、自社の『Karate Champ』とよく似た『International Karate』(1985年)というゲームを販売していたEpyx社を著作権侵害であるとして訴えた。アメリカ合衆国連邦裁判所は「カラテを題材としたゲームはそのアイディアと表現が不可分であり、どうしてもその表現が似たものとなってしまうため、『International Karate』が『Karate Champ』の著作権を侵害しているとは必ずしも言えない」としてデータイーストの訴えを退けた。この裁判は、アメリカにおけるゲームのルック・アンド・フィールに関する初の訴訟として重要な判例とされている。
  • 1994年にカプコンは、自社の『ストリートファイターII』(1991年)とよく似た『ファイターズヒストリー』(1993年)というゲームを販売していたデータイースト社を著作権侵害であるとして訴えた。対して、データイースト社は「自社の『対戦空手道 美少女青春編』こそが対戦格闘ゲームの元祖であり、むしろ『ストリートファイターII』が自社の著作権を侵害している」と主張してカプコンの訴えを退けた。

関連作品[編集]

  • 対戦空手道 美少女青春編(1984年)
直接的な続編。副題の意味は、ゲーム中のキャラクターが「モモちゃん」という美少女を巡って対戦しているため。
  • チャンバラ(1985年)
本作と同じく4方向レバーを2本使用するアーケードゲーム。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「ザ・ベストゲーム」、『GAMEST MOOK Vol.112 ザ・ベストゲーム2 アーケードビデオゲーム26年の歴史』第5巻第4号、新声社、1998年1月17日、 94頁、 ISBN 9784881994290
  2. ^ a b カラテ・チャンプ まとめ [ファミコン]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年12月30日閲覧。
  3. ^ a b c 「5月24日号特別付録 ファミコンディスクカード ゲームボーイ スーパーファミコン オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第10号、徳間書店1991年5月24日、 86頁。
  4. ^ a b 「総力特集 フォーエバー DISK SYSTEM」、『ユーゲー 2003 Vol.09』第7巻第18号、キルタイムコミュニケーション2003年10月1日、 59頁、 ISBN 雑誌17630-10

外部リンク[編集]