空の巣症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

空の巣症候群(からのすしょうこうぐん、Empty nest syndrome)は、子どもが家を出たり結婚したりしたときに、多くの女性が感じる憂うつで不安になる苦しみの一般的な信念を表す言葉である[1]。子育てが終わり、子供が家を巣立っていったあたりからこの症状が出てくることが多いためこのように呼ばれる[2][3]燃え尽き症候群五月病などとも似通ったもの[4]。子供が自立し、夫は仕事で忙しく構ってくれず、夫婦生活もないに等しくなり、涙もろくなり、夫の定年が近いというと、退職、即離婚といった方に展開していくこともある。

大衆文化における表現の例[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スコット・O・リリエンフェルド、スティーヴン・ジェイ・リン 、ジョン・ラッシオ、バリー・L・バイアースタイン 「第2章 人が死ぬまでに経験すること」『本当は間違っている心理学の話:50の俗説の正体を暴く』 八田武志監修、戸田山和久監修、唐沢穣監修、化学同人2014年、74頁。
  2. ^ Empty nest syndrome: Tips for coping”. Mayo Clinic. 2013年2月9日閲覧。
  3. ^ 「空の巣」症候群―子どもが巣立った後の寂しさをどう乗り越えるか”. The Wall Street Journal (2013年7月3日). 2018年3月20日閲覧。
  4. ^ 子の自立後の空虚感…「空の巣症候群」の克服法”. All About (2017年3月26日). 2018年4月7日閲覧。

関連項目[編集]