穴水城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
穴水城
石川県
別名 岩立城、白藤城、白波城、岩木城
城郭構造 山城
築城主 長氏
築城年 鎌倉時代
主な城主 長氏、温井氏前田氏
廃城年 1583年
遺構 曲輪、堀
指定文化財 穴水町指定史跡

穴水城(あなみずじょう)は、石川県鳳珠郡穴水町に存在した日本の城。現在は町の史跡に指定され、穴水城址公園として整備されている。

概要[編集]

長きに渡り守護大名畠山氏の重臣、長一族の居城であった。長氏の祖にあたる長谷部信連によって築城されたと伝えられる。

畠山家滅亡後、一時期は上杉氏の手に渡るものの、天正6年(1578年)には長連龍織田信長の支援のもと奪還に成功している(菱脇の戦い)。 1583年廃城

城跡は公園となっており、が植えられている。また、長氏34代・長昭連の揮毫による穴水城趾の石碑が建てられている。

所在地[編集]

石川県鳳至郡穴水町川島

アクセス[編集]

のと鉄道穴水駅より徒歩20分

関連項目[編集]