積善院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
積善院
Sekizen'in honden.jpg
本堂
所在地 京都府京都市左京区聖護院中町14
位置 北緯35度01分08.3秒
東経135度46分52.5秒
座標: 北緯35度01分08.3秒 東経135度46分52.5秒
宗派 本山修験宗
寺格 塔頭
本尊 凖提観音不動明王
創建年 鎌倉時代
正式名 積善院凖提堂
別称 凖提堂、五大力さん
文化財 不動明王像(重要文化財
法人番号 1130005001772 ウィキデータを編集
積善院の位置(京都市内)
積善院
テンプレートを表示

積善院(しゃくぜんいん)は、京都府京都市左京区にある本山修験宗寺院本尊凖提観音不動明王聖護院塔頭であり、正面には須賀神社・交通神社がある。

歴史[編集]

鎌倉時代熊野神社の北西に建立された。不動明王を本尊とし、栴ノ坊(なぎのぼう)とも呼ばれた。聖護院門跡院家として門跡の業務を代行する本山派山伏の筆頭寺院である。

1868年明治元年)に熊野神社の南東にあり、寛政年間(1789年 - 1801年)に光格天皇勅願で制作された凖提観音を本尊とする凖提堂と合併し、1914年大正3年)に現在地に移転する。その際、新たな本堂として凖提堂の本堂を積善院の本堂とするため移築している。これ以後、積善院は提凖観音と不動明王の両者が本尊となった。

元積善院本堂
拝殿

境内[編集]

  • 本堂 - 元は凖提堂の本堂。
  • 拝堂
  • 山門(冠木門)
  • 元積善院本堂 - 元は積善院の本堂。役行者役行者阿弥陀如来を祀る。
  • 崇徳院地蔵 - 別名、人食い地蔵。 崇徳上皇の死後、京都では大火、疫病、飢饉が続き、平清盛までも亡くなってしまった。これを崇徳上皇の祟りであると恐れた都人は崇徳上皇を慰霊しようと崇徳院地蔵を建立した。これが後の時代には発音が「すとくいんじそう」から「ひとくいじそう」と訛ってしまったものである。1899年(明治32年)に京都帝国大学付属病院の建設に伴って積善院に移転された。
  • お俊伝兵衛供養塔 - 近松門左衛門浄瑠璃「近頃河原達引」にちなんだ供養塔。

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 不動明王像 - 鎌倉時代初期の作。

参考文献[編集]

  • 積善院凖提堂略観

関連項目[編集]

外部リンク[編集]