穆宗 (唐)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
穆宗 李恒
第15代皇帝
王朝
在位期間 820年 - 824年
姓・諱 李宥→李恒
諡号 睿聖文惠孝皇帝
廟号 穆宗
生年 貞元10年(795年
没年 長慶4年(824年
憲宗
懿安郭皇后郭子儀の孫)
后妃 恭僖皇后
陵墓 光陵
年号 長慶 821年 - 824年

穆宗(ぼくそう)は唐朝の第15代皇帝憲宗の三男。

生涯

初名は宥であったが、元和7年(812年)に立太子された際に恒と改名した。元和15年(820年)に父帝が宦官王守澄によって殺害されると、王守澄によって皇帝に擁立された。史書によれば主体性に欠け、享楽に耽る生活を送っていた。このため穆宗の代に宦官による専横がさらに顕著化し、牛李の党争と呼ばれる官僚らの派閥闘争が激化した。自らの長命のために道士が勧めた金丹による中毒により、31歳にして崩御した。

宗室

后妃

  • 恭僖皇后王氏