穆公 (単)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
穆公 姫旗
王朝
在位期間 紀元前531年 - 紀元前503年以前
姓・諱 姫旗
諡号 穆公

穆公(ぼくこう)は、春秋時代の君主。姓は、氏は単、名は

生涯[編集]

昭公二十二年(紀元前520年)夏四月乙丑景王が崩御した[1]戊辰献公中国語版が死んだが、嫡子がいなかった[1]。単の穆公は劉の献公の庶子の伯蚠を立てた(劉の文公中国語版[1]。劉の文公・単の穆公と景王の寵臣の賓起(賓孟)は不和であり、賓起は景王の子の王子朝を支持していた[1]。景王の死後、劉の文公・単の穆公は五月庚辰の日に賓起を殺し、景王の長男の姫猛を立てた(悼王[1]毛伯得中国語版文公中国語版荘公は王子朝を支持し、悼王・劉の文公・単の穆公を駆逐し王子朝を王に立てた[1]。悼王は十一月乙酉が世を去った[1]己丑、その弟の敬王が即位した[1]

その後、劉の文公・単の穆公の支持する敬王と毛伯得・尹の文公・召の荘公・召の簡公の支持する王子朝は王畿附近で作戦三年[1]

魯の昭公二十六年(紀元前516年)冬、荀躒中国語版(智文子)・趙鞅(趙簡子)の支持下で、敬王は一方的に勝利した[1]。十一月、王子朝・毛伯得・尹の文公はに亡命した[1]。王子朝は劉の文公・単の穆公の廃長立幼を非難しました[1]。十二月、敬王は王城に入った[1]

脚注[編集]

穆公

不明 - 不明

先代:
成公

紀元前531年 - 紀元前503年以前
次代:
武公