穂積忍麻呂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
穂積忍麻呂
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
官位 従七位上
氏族 穂積朝臣
父母 父:穂積濃美麻呂
兄弟 兄麻呂、忍麻呂
息嗣
テンプレートを表示

穂積 忍麻呂(ほづみ の おしまろ)は、奈良時代豪族神職朝臣外正八位上穂積濃美麻呂の次男。位階従七位上

経歴[編集]

父・濃美麻呂の代に紀伊国熊野に下向して熊野速玉大社の神職となり、忍麻呂が初めて熊野速玉大社禰宜に任じられた。以降、忍麻呂の子孫である紀州熊野系の穂積氏が熊野速玉大社の禰宜を世襲した。

参考文献[編集]

  • 鈴木淳介『穂積姓鈴木氏 - 紀州徳川二七〇年鈴木家系譜』1982年
  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年

関連項目[編集]