穂北駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
穂北駅
ほきた
Hokita
(3.2km)
(2.6km) 杉安
所在地 宮崎県西都市大字南方
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 妻線
キロ程 16.7km(佐土原起点)
電報略号 ホキ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1922年(大正11年)8月20日
廃止年月日 1984年(昭和59年)12月1日
テンプレートを表示

穂北駅(ほきたえき)は、かつて宮崎県西都市大字南方に存在した、日本国有鉄道(国鉄)妻線廃駅)である。

1984年(昭和59年)12月1日、妻線の廃止に伴い廃駅となった。

歴史[編集]

  • 1922年(大正11年)8月20日 - 妻軽便線(後の妻線)の妻駅 - 杉安駅間の延伸開業に伴い、一般駅として新設。
  • 1944年(昭和19年)12月1日[1] - 妻駅 - 杉安駅間が不要不急線として運行休止となり、当駅の営業も休止となる。
  • 1947年(昭和22年)3月20日 - 妻駅 - 杉安駅間の営業を再開。
  • 1962年(昭和37年)9月20日 - 貨物の取り扱いを廃止。
  • 1984年(昭和59年)
    • 2月1日 - 荷物の取り扱いを廃止。
    • 12月1日 - 妻線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

駅構造[編集]

駅廃止時は、1面1線の単式ホームと線路を有する業務委託駅であった。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
妻線
妻駅 - 穂北駅 - 杉安駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「停車場変遷大事典」による。「国鉄全線全駅10 九州720駅」によれば11月11日

関連項目[編集]