稲葉騒動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

稲葉騒動(いなばそうどう)とは、明治2年(1869年)12月に、西尾張地域一帯(稲沢一宮津島の133村)で起こった大規模な農民一揆である。発端が、美濃路稲葉宿であったことから、稲葉騒動と呼ばれた。

概略[編集]

藩政期に大規模な百姓一揆がなかった尾張地方において、1869年12月20日夜から24日にかけておきた唯一の農民騒動。幕末期に尾張農村部の困窮は激しく、明治2年(1869年)の凶作により、役人に救米を要求する。しかしこれが拒否されると、20日夜、数千人が稲葉宿に集結し役人に強訴。また、稲葉宿の戸長の家を打ち壊し、証文などを焼き払った。さらに周辺の村の庄屋宅を襲撃するなど、中島郡海東郡一帯から春日井郡の一部にまで拡がり、35,000 - 40,000人が参加したとされている。騒動は4日間に及び、農民隊を含む尾張藩兵らの銃撃を受け制圧された。藩側は、さらには大砲までくりだしたので、百姓側に多くの死傷者が出た。しかし、騒動の後、藩は56石余の救米給与などの譲歩を余儀なくされた。

「竹槍で どんと突き出す 二分五厘」で有名な地租改正反対一揆の先駆けともいわれる。

参考文献[編集]

  • 新修 稲沢市史…本文編 上597ページを参照
  • 明治時代史大辞典⑴、2011年、吉川弘文舘、8ページを参照

関連項目[編集]