稲葉稔 (武道家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

稲葉 稔(いなば みのる、1944年(昭和19年) - )は、日本の武道家思想家

概説[編集]

東京都出身。1963年(昭和38年)、合気会本部道場に入門し合気道を学び、後に山口清吾に入門し合気道を修行した。明治大学在学中の1965年(昭和40年)には鹿島神流第18代宗家國井善弥に入門し鹿島神流を学ぶ。

その後、神道思想家の葦津珍彦に師事し、神社新報の記者となる(後に編集長となる)。

1973年(昭和48年)より明治神宮武道場・至誠館の師範となり、1993年(平成5年)から2009年(平成21年)9月まで至誠館の第2代館長を務めた。2009年(平成21年)10月より至誠館名誉師範となっている。

合気道、鹿島神流剣術を指導する傍ら、日本精神文化に関する講演等も行っている。

著作[編集]

  • 稲葉稔 (監修)、明治神宮社務所 (編集) 『日本の伝統 魂をみがく武道―明治神宮 至誠館』 G’s2008年ISBN 978-4901638296

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]