稲葉威雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

稲葉 威雄(いなば たけお、1938年1月15日 - )は、日本の元裁判官弁護士第一東京弁護士会鳥飼総合法律事務所)。京都府京都市出身。

人物[編集]

京都大学法学部卒業。名古屋地方裁判所所長、広島高等裁判所長官などを歴任。専門は商法で、法務省(出向)時代には商法改正を手がけた。広島高裁退官後は、早稲田大学法科大学院客員教授として商法を担当していた。2003年に退官し、以後は弁護士。2005年商法改正には批判的で、「企業会計」(58巻6号)では、会社法立案担当者であった郡谷大輔と会社法の主要論点について議論の応酬を繰り広げた。

経歴[編集]

著書[編集]

対談[編集]

  • (郡谷大輔)「対談 会社法の主要論点をめぐって」(企業会計58巻6号、2006年)

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

先代:
上田豊三
広島高等裁判所長官
2000年 - 2003年
次代:
龍岡資晃