稲荷神社 (足立区柳原)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
稲荷神社
Inari-jinjya-adachi-yanagihara.jpg
拝殿
所在地 東京都足立区柳原2-38-1[1]
位置 北緯35度44分52.0秒
東経139度48分46.3秒
主祭神 宇迦之御魂神[1]
社格 旧村社
創建 慶長4年(1599年)、または11年(1606年)
別名 柳原神社
例祭 9月15日
テンプレートを表示

稲荷神社(いなりじんじゃ)は、東京都足立区柳原にある神社稲荷神社)である。通称「柳原稲荷神社」、または単に「柳原神社」とも呼ぶ。

祭神[編集]

由緒[編集]

葛西誌』によると慶長4年(1599年)の創祀といい、社伝では同11年に徳川家康が当地を訪れ、楊柳が繁って青々としている様子を見て神聖な土地と感じ、江戸城鬼門除けとして創建させたと伝えられる。そのため、現在も社殿は東北(鬼門)の方角を向いている。

天明6年(1786年)洪水で流失したが、寛政6年(1794年)に再建された。

境内社[編集]

高木神社・日枝神社
浅間神社(富士塚)
境内
高木神社・日枝神社[1]
浅間神社[1]
  • 昭和8年(1933年)に勧請したもので、「富士塚」として足立区の登録有形民俗文化財に登録されている。

文化財[編集]

柳原稲荷神社富士塚 一基
足立区登録有形民俗文化財、昭和59年度登録[2]
柳原箕輪囃子連
足立区登録無形民俗文化財 民俗芸能、昭和57年度登録[2]

交通[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 稲荷神社”. 東京都神社庁ホームページ. 東京都神社庁. 2020年6月3日閲覧。