稲田千賢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
稲田 千賢
基本情報
本名 稲田 千賢
階級 ライト級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1977-09-30) 1977年9月30日(41歳)
出身地 広島県三次市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 22
勝ち 19
KO勝ち 14
敗け 3
引き分け 1
テンプレートを表示

稲田 千賢(いなだ ちかし、1977年9月30日 - )は、日本男性プロボクサー。元OPBF東洋太平洋ライト級チャンピオン。広島県三次市出身。帝拳ジム所属。広陵高等学校卒業、法政大学法学部法律学科中退。

スピーディーで178cmと長身でリーチに恵まれたアウトボクサーとして知られる。

来歴[編集]

アマチュアボクシングは80勝12敗。1998年かながわ・ゆめ国体ライト級優勝を果たした。

2000年3月18日、アマチュアエリートとして6回戦からデビューし5RTKOと勝利。その後15連勝。

2004年3月20日嶋田雄大の持つ日本ライト級王座に挑戦。10R判定まで縺れるも、判定負け。10月2日OPBF東洋太平洋ライト級王座デニス・ローレンテ(フィリピン)に挑戦。これも12R判定で敗れる。

2005年3月5日、1戦1勝後再度デニス・ローレンテに挑み、12R判定で勝利しタイトル奪取。

2006年3月29日、2度防衛したタイトルを返上。

2006年5月20日WBC世界ライト級暫定王座を賭け、ロサンゼルスホセ・アルマンド・サンタクルスメキシコ)と対戦[1]WOWOW開局15周年記念エキサイトマッチとして放送された。鼻血および左目尻を切り顔面血まみれになり、6RTKOを宣言され敗れる。

脚注[編集]

  1. ^ 当初相手はシリモンコン・シンワンチャータイ)の予定が病気(B型肝炎)のため変わった。正規王者ディエゴ・コラレスホセ・ルイス・カスティージョとのラバーマッチを優先したために行われた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
デニス・ローレンテ
第39代OPBF東洋太平洋ライト級王者

2005年3月5日 - 2006年3月29日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ランディ・スイコ