稲沢祐介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

稲沢 祐介(いなざわ ゆうすけ、1935年~)は日本の作曲家(邦楽)、旧満州国牡丹江市出身。

日本作曲家協会会員、全日本音楽著作家協会理事。

来歴[編集]

1960年春、東京赤坂在住の叔母の紹介を経て、武蔵野市在住の故岡本敦郎夫妻に師事する事になる。 岡本敦郎の妻、ピアニスト岡本滋子にピアノの基本レッスンを、岡本敦郎に歌謡曲奏法及歌唱法の手ほどきを受ける。一方、遠藤実を始めとする多くの歌謡作家を輩出した作詩家、故松村又一の門下生となり1966年3月発売の「鳴門小唄」がレビュー作となる。[1] 筆名の稲沢祐介は松村又一の命名による。

作風[編集]

冠二郎「あなたは男でしょう」、さくらと一郎「かつおぶし」といったロマンチックでユニークな作品に加え、世界一の小売チェーン店で知られる旧ヤオハンの創業者、テレビドラマ「おしん」のモデルとも言われている和田カツの素材原による瀬川瑛子の「やっちゃ場繁盛記」、金田たつえの「この愛に生きて」、北方領土をテーマーにた「あぁ帰りたい~望郷峠~」に見られる様な社会性を反映した作品などバラエティーに富む。他に、短歌に付曲した珍しい作品「明日香野」がある。[2]近作に盲目の人生を生きて行く女性達を描いた作品、金田たつえの「瞽女の恋唄」がある。

主な作品[編集]

  • 短歌歌謡「明日香野」(松村又一作詞)
  • 社会福祉法人 静岡県身体障害者福祉会会歌「友愛」、テーマソング「輝きのなかで」

脚注[編集]

  1. ^ 鳴門小唄”. 2015年1月30日閲覧。
  2. ^ 明日香野”. 2015年1月30日閲覧。
  3. ^ 1993年4月28日 ヤオハン創業者・和田カツが亡くなった日”. 日本テレビ. 2015年1月30日閲覧。 和田カツの生き方に稲沢が感銘を受け、「やっちゃ場繁盛記」を作曲したとの記述がある。
  4. ^ やっちゃ場繁盛記”. 2015年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]