稲植神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
稲植神社
Inaue01.JPG
所在地 京都府精華町大字植田小字上山122番地
位置 北緯34度45分15.64秒
東経135度47分10.70秒
座標: 北緯34度45分15.64秒 東経135度47分10.70秒
主祭神 建速須佐之男命
創建 伝長禄年間
地図
稲植神社の位置(京都府内)
稲植神社
稲植神社
テンプレートを表示

稲植神社(いなうえじんじゃ)は、京都府精華町神社南稲八妻および植田の両地区が、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)を氏神として祀っている。[1]

歴史[編集]

長禄年間(1457 – 60)に、春日大社から勧請したといわれている。元祇園とも呼ばれ、明治以前は、神仏習合の神社であり、神宮寺として東福寺があった。江戸時代に作られたヒノキ製の鼻高面、文化8年(1811年)の箱書のある輿などがある。[2]

脚注[編集]

  1. ^ 精華町史編さん委員会『精華町史 本文編』精華町, 1996年, p.530
  2. ^ 精華町史編さん委員会『精華町の寺社と美術 改訂版』精華町, 1986年, p.72

外部リンク[編集]