稲森安太己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

稲森 安太己Yasutaki Inamori、いなもり やすたき、1978年 - )は、日本作曲家東京都出身。

略歴[編集]

数年ほど渡米していたが、方向性の違いを感じて帰国、2002年から作曲科に入りなおす。2006年 東京学芸大学教育学部芸術文化課程音楽専攻卒業。東京学芸大学大学院修了。それまでに作曲山内雅弘金田潮河村めい子ダニエル・ケスナーに師事。

2008年以後はドイツに住み、ヨハネス・シェルホルン他の教授陣の下で研鑽を積んでいる。日本人として、初めてベルント・アロイス・ツィンマーマン奨学金[1]を受賞。その作品は尺八ソロのための作品であった。

現在は日本人として初めてグラヴィス出版社[2]と専属契約し、57作の楽曲が出版されている。

受賞歴[編集]

主要作品[編集]

  • 『ピエドラ』
  • 『Variations』
  • 『リバーシ』

脚注[編集]

  1. ^ Yasutaki Inamori”. www1.wdr.de. 2019年5月22日閲覧。
  2. ^ Yasutaki Inamori”. www.editiongravis.de. 2019年5月22日閲覧。
  3. ^ 動画”. oncon.mainichi-classic.jp. 2019年5月22日閲覧。
  4. ^ 10. Kompolize Winter 2017”. www.psophos.de. 2019年5月22日閲覧。
  5. ^ 2018年1月1日より2018年12月31日の間に国内外で初演された日本人作曲家の管弦楽作品を対象に譜面と初演録音により、選考委員3名の合議の末、ノミネート作品3作品を選定した。”. www.suntory.co.jp. 2019年5月22日閲覧。
  6. ^ Kompositionspreis für Yasutaki Inamori”. www.editiongravis.de (2019年9月6日). 2019年9月29日閲覧。