稲城市消防本部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
稲城市消防本部
Inagi Fire Department.jpg
情報
設置日 1967年12月
管轄区域 稲城市
管轄面積 17.97km2
職員定数 92人
消防署数 1
出張所数 1
所在地 206-0802
東京都稲城市東長沼2111番地
リンク 稲城市消防本部
テンプレートを表示

稲城市消防本部(いなぎししょうぼうほんぶ)は、東京都稲城市の消防部局(消防本部)。管轄区域は稲城市全域。東京都内で唯一の単独消防である(島嶼部を除く)。

概要[編集]

  • 消防本部:東京都稲城市東長沼2111番地
  • 管内面積:17.97km2
  • 職員定数:92人
  • 消防署2カ所(内一個 出張所)
  • 主力機械

同住所所在の稲城市庁舎とは4階連絡通路で繋がっている。

沿革[編集]

  • 1967年12月27日 稲城町消防本部を開設する。
  • 1970年4月1日 稲城消防署を開設する。
  • 1971年11月1日 市制を施行し稲城市となる。稲城市消防本部に改称する。
  • 1974年4月1日 消防庁舎を新築する。
  • 2006年3月 第二次稲城市消防基本計画を策定、2006年度より概ね10年間は市単独消防を継続・推進する。
  • 2008年3月31日 東京都が東京都消防広域化推進計画により稲城市及び東久留米市の常備消防業務を、東京消防庁2012年(平成24年)度末までに受託を促進する計画を作成。これにより、まず東久留米市が2010年4月1日から東京消防庁に消防事務を委託した。稲城市は本案に対し、平成27年度までは単独消防体制を維持するとしている。(広報いなぎより)
  • 2016年4月 第二次稲城市消防基本計画(10年間)が終了した事をうけて、第三次稲城市消防基本計画(期間は10年間)を策定し、消防出張所の実施設計や市の単独消防の継続が決定した。[1]
  • 2017年4月 上平尾消防出張所を開設する。
  • 2017年8月 災害活動用ドローンの運用を開始する。

組織[編集]

  • 本部-総務課、警防課、予防課
  • 消防署-総務課、警防課、予防課

消防署[編集]

消防署 住所 消防出張所
稲城消防署 東長沼2111番地 上平尾:平尾1128番地の4

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]