種差海岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
種差から転送)
移動先: 案内検索
種差海岸の磯浜

種差海岸(たねさしかいがん)は、青森県八戸市東部にある、太平洋に面した海岸三陸復興国立公園内にあり、国の名勝に指定されている(1937年指定)。

概要[編集]

種差の天然芝生
葦毛崎展望台からの眺望

三陸海岸は、岩手県宮古市より南側がリアス式海岸となっているが、当海岸を含む同市より北側は海岸段丘(海成段丘)となっている。国の名勝には、蕪島の南から大久喜(おおくき)に至る延長12キロメートルに及ぶ海岸とその後背地が指定されている。

当海岸の海岸線は、岩礁海岸・砂浜海岸・海食海岸など多様な地形が続く。北部では荒々しい岩石が露出した磯が見られ、鮫角(さめかど)の岬には種差海岸を一望できる葦毛崎展望台と鮫角灯台がある。中ほどの大須賀海岸は白い鳴き砂の浜と松原が続き穏やかな風情を見せる。ハマナスも自生している。種差海岸駅周辺には天然の芝生におおわれた段丘面が広がり、太平洋の眺望とあわせ開放的な景観となっている。南端の大久喜までは岩山が現れる。

葦毛崎展望台から種差海岸駅付近まで遊歩道が整備されている。大須賀海岸には白浜海水浴場がある。

地名の由来には諸説あるが、アイヌ語の「タンネエサシ」(長い岬)から来ているという説が有力視されている。

種差に関する選定[編集]

種差に関する著作など[編集]

  • 司馬遼太郎 - 『陸奥のみち』(1978 年・朝日文庫)で紹介。
「どこかの天体から人がきて地球の美しさを教えてやらねばならないはめになったとき、一番にこの種差海岸に案内してやろうとおもったりした。」
  • 東山魁夷 - 作品『道』の図案は種差海岸の風景が元となったと回想。(昭和40年『風景との対話』)
「ひとすじの道が、私の心に在った。夏の早朝の野の道である。青森県種差海岸の牧場でのスケッチを見ている時、その道が浮かんできたのである。正面の丘に灯台の見える牧場のスケッチ。その柵や、放牧の馬や、灯台を取り去って、道だけを描いてみたらーと思いついた時から、ひとすじの道の姿が心から離れなくなった。…」
  • 鳥瞰図絵師吉田初三郎 - 大正の広重と謳われた吉田は、種差海岸芝生地に別邸を構え、家族も移住して戦中・戦後の画業の拠点とした。

種差海岸の植物[編集]

650種を超える植物が自生しており、季節によって多彩な花が咲く。次に代表的な植物を挙げる。

アクセス[編集]

種差海岸遊覧バス[編集]

種差海岸の観光アクセスを目的に同市交通部が冬季を除いて遊覧バスを100円のワンコイン制で運行している。運行ルートは殆どが県道1号上で、蕪島や芝生海岸など種差海岸の名所の殆どを経由している。詳しくはワンコインバス・うみねこ号を参照のこと。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 種差海岸散策ハンドブック「花の渚」渚の花図鑑 - 八戸市まちづくり文化スポーツ観光部観光課

外部リンク[編集]

座標: 北緯40度30分41秒 東経141度36分38秒 / 北緯40.51139度 東経141.61056度 / 40.51139; 141.61056